GMOコインとグッドラックスリー J2 FC琉球の「FC琉球コイン」を発表

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所GMOコインと、国内初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を企画・開発したグッドラックスリーが、J2で活躍しているサッカーチーム「FC琉球」の新しいファンクラブサービスをブロックチェーン技術を活用して開発すると発表した。

GMOコイン:JリーグFC琉球と「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクト推進に向けた合意のお知らせ
GMOコイン:JリーグFC琉球と「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクト推進に向けた合意のお知らせ

プロジェクト名は「FC琉球コイン(FCR)」(仮)とし、2019年度内にサービスリリースを目指し開発を行う。本プロジェクトの企画開発はグッドラックスリーの協力のもと、ブロックチェーン技術の特徴を活用した地方スポーツクラブの新たな資金調達手法によるチーム運営確立と、よりプレミアムなファン・サポーター向けサービスの企画開発を進める。更に、将来的には沖縄県全体でのトークンサービス運用を目指すとしている。

FC琉球
FC琉球

サッカー業界では、特に欧州を中心にブロックチェーン企業とサッカーチームの提携が近年活発になってきている。ソーシャルトレードのeToroはプレミアリーグ最大のスポンサーになっている他、スポンサー契約を結ぶだけではなく独自の仮想通貨を発行するチームも出ている。たとえばブロックチェーンプラットフォーム「Socios.com」はイタリア・セリエAの「ユヴェントゥスFC」や「ASローマ」などと提携して、独自のトークン「Juventus Official Fan Token」や「AS Roma Fan Tokens」を発行している。

Socios.com:Juventus Official Fan Token
Socios.com:Juventus Official Fan Token

今回発表の「FC琉球コイン(FCR)」は、欧州サッカー業界の流れを受けていると考えられる。
海外のサッカー業界のように日本でも各チームの独自仮想通貨ができるようになるのか、FC琉球の今後に要注目だ。

[参考]
・GMOコイン ニュース 2019/08/15:JリーグFC琉球と「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクト推進に向けた合意のお知らせ
・GMOコイン:https://coin.z.com/jp/
・FC琉球:http://fcryukyu.com/
・グッドラックスリー:https://www.gl-inc.jp/

Close Menu