GMOがステーブルコイン発行 ペッグ通貨のまとめ

非常にボラティリティの高い仮想通貨業界で注目されているのは価値が安定したステーブルコイン。USドルや日本円に連動した価値固定(ペッグ)通貨が注目を浴びています。

10月9日にGMOインターネット株式会社が日本円と連動したステーブルコイン(円ペッグ通貨)、GMO Japanese YEN(GJY)を2019年度に発行すると発表しました。
GMOインターネット株式会社プレスリリースより

今後、仮想通貨での決済ケースを考えると価値が日本円に固定されたペッグ通貨がやはり不可欠です。その利用拡大を見据えGMOインターネット株式会社は価値の安定したステーブルコインの発行に本腰を入れます。

日本円ペッグ通貨としては以前から期待されていたのはMUFJコインで、数年前から開発研究されていますがまだ発行されておらず、もし先にGMO Japanese YEN(GJY)が発行されれば、認可取引所での取り扱いも追い風となり一気にシェアを拡大する可能性があります。

ペッグ通貨としては各国法定通貨や、金、銀などに連動したコインなどが存在しますが、ここではUSドルと日本円とのペッグ通貨をまとめてみました。

USドルペッグ通貨

※発行数はcoinmarketcap公式サイトより

テザー(USDT) 発行総数 3000億円以上

様々な疑惑があるにも関わらず早く流通させたことでシェアを伸ばしたテザー。ここまで流通すると、信頼性の高い後発コインがシェアを逆転するのは容易なことではありません。

TrueUSD(TSDT) 発行総数 132億円

TrustTokenが発行し、会計監査機関との連携し信頼性の高いドルペッグ通貨を発行しています。

Gemini dollar(GUSD) ※計測なし

ETF申請でも注目を浴びているウィンクルボス兄弟が発行するドルペッグ通貨。規制当局の監督の下発行しているところが特徴です。

Stronghold USD

IBMが研究開発を行っていると発表したドルペッグ通貨。提携しているステラをベースに開発実験が行われていますが発行はまだ行われていません。(コラム記事:Stronghold USD、ペッグ通貨とテザーの今後)

 

日本円ペッグ通貨

※現状広く流通しているコインはありません。

MUFJコイン

早くから開発研究に着手しているMUFJコイン。発行されれば膨大なトランザクションが予想されることからまだ発行には至っていません。

Jコイン

みずほフィナンシャルグループが中心となって研究開発を行っている仮想通貨。2020年の発行を予定しています。

LCNEM

すでに発行されていますが主要取引所での上場がないことから広く流通しているとは言えない日本円ペッグ通貨。

Grandshores Blockchain Fund

中国企業Grandshores Blockchain Fundが2018年9月に日本円ペッグ通貨の発行を発表。2018年末か2019年初めの発行を予定しています。

GMO Japanese YEN(GJY)

発行されれば上場されシェアを大きく伸ばすことが予想される日本円ペッグ通貨。

 

シェアは主要ペッグ通貨に集まる可能性

そもそも法定通貨に価値が固定された通貨は、その用途も限られていることから多くの種類のコインが必要でしょうか。同じ取引所に上場、同程度の信頼性を担保している条件下ではそれほど機能が変わらないことから、より多く流通しているペッグ通貨に大きなアドバンテージがあります。

現在広く市場に出回っているテザーは様々な疑惑がささやかれているにも関わらず、この流通量がすでに出回っており、いくら規制当局に近いGeminiですらその牙城を崩すのは容易なことではありません。

なにかと腰の重い印象のある日本勢。日本円ペッグ通貨に関しては海外勢の進出に負けず、ぜひともシェアを早期に拡大してほしいものです。

Close Menu