仮想通貨取引所GMOコインが現物取引の手数料を変更、Maker注文にマイナス手数料を導入

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
仮想通貨取引所GMOコインが現物取引の手数料を変更、Maker注文にマイナス手数料を導入

日本国内で仮想通貨取引所を運営するGMOコインが9日、取引所の現物取引の手数料について、取引ルールの変更を発表した。2019年4月24日(水)に行われる定期メンテナンス後より反映される。

変更内容について、取引所での現物取引における「Maker手数料(指値注文)」は現在0%で無料であったものが、さらに-0.01%のマイナス手数料となっている。
ただし、「Taker手数料(成行注文)」については、0.01%から0.05%へ値上げとなっている。

なお手数料には取引手数料の他に、取引所が設定したスプレッドによる売買価格差があるため、マイナス手数料と言ってもプラスで戻ってくるわけではない点について、取引初心者の方には注意が必要だ。

出典:GMOコイン

【取引所(現物取引)】
■Maker手数料(全銘柄)
変更前: 0%
変更後:-0.01%

■Taker手数料(全銘柄)
変更前: 0.01%
変更後: 0.05%

なお、取引所の取引ルール詳細につきましては、下記にて最新の状況をご案内しております。
https://coin.z.com/jp/corp/product/info/exchange/

【重要】取引所(現物取引)の取引ルール変更のお知らせ(取引手数料の変更)
出典:GMOコイン

[参考:]
【重要】取引所(現物取引)の取引ルール変更のお知らせ(取引手数料の変更)

Close Menu