ウォレット(ホット/コールド/Web/ソフト/ハード)とは

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
用語集

ウォレットとは一般的には「お財布」とか「口座」のことです。仮想通貨・暗号通貨ではこのお財布=ウォレットにコインが保管されます。
ウォレットにはいくつかの方式があり、その仕組みの特徴をさして“ホット/コールド/Web/ソフト/ハード”と呼び方が分けられています。
セキュリティリスク的には“ホット=Web<ソフト<ハード=コールド”の順に低くなります。しかし利便性も同様に低くなる傾向があります。

個々の特徴を、箇条書きで簡易に説明すると、

・ホットウォレット
インターネットなど外部ネットワークへ接続されたオンライン機器上にある。そのためハッキングのリスクが最も高くなる。コインチェックの流出事件は全てがこれであったために起きた

・コールドウォレット
インターネットなど外部ネットワークから切り離されている機器上にある。外部アクセスが遮断された環境なのでハッキングリスクが低い。銀行や取引所は窓口業務で必要としない大部分の資産をコールド(オフライン)として保管するのが常である。

・Webウォレット
Webサービス上に置かれている、ソフトウォレットをWebサーバー上で稼働利用させるタイプ。アプリケーション的に外部ネットワークに部分的にさらされていることになる。

・ソフトウォレット
ローカル(オフライン)でのクライアント型で送金を実行する瞬間だけオンラインへと接続する。Webウォレットのアプリケーション部分をダウンロードによりローカルでクライアント起動できるタイプも多い。

・ハードウォレット
USB端末などの外部専用端末のみに秘密鍵を格納したコールドウォレット。セキュリティが高いがで価格面でそれなりに高い。

Close Menu