STO(Security Token Offering)とは

  • 公開日:
  • 更新日:
仮想通貨・ICO用語集

STO(セキュリティトークン・オファリング 英:Security Token Offering)とは、証券(Security)トークンを発行することによって、資金を調達する新しい方法です。STOの実施については、国より認可された金融機関・証券取引所などの登録された法人の下で実施することになります。

ICOへの規制が拡がる中、証券法などの法律・規制に対して準拠するかたちで資金調達を行おうという流れです。コンプライアンス(法令遵守)といった意味では新しいというよりは正攻法・本来あるべき形と言えます。

多くのICO(Initial Coin Offering)は、資金調達をするために発行するトークンを証券ではないとし、ユーザーによる利用・活用を目的としたユーティリティ(Utility)トークンであるとの主張が多くを占めます。
これは、発行するトークンが証券となると、各国の既存の証券法を初めとするさまざまな法律・規制に準拠する必要があったからです。

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu