ソフトフォークとは

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

ソフトフォークとは、前のブロックとの検証規則(仕様互換性)を維持したまま新たな検証規則へアップデートする仕様変更を指します。ソフトフォークの際には新たな検証規則(ブロックチェーン)と旧い検証規則が併存して有効とされ、一時的に新旧の検証規則でマイニングを行うマイナーがいるためブロックチェーンは分岐します。その後、過半数のマイナーによって採択され、長くなった方の検証規則(ブロックチェーン)へと収束していきます。

ソフトフォークでは、過半数のマイナーが新検証規則の仕様に従ってマイニングを行うことが採択された状態で実施されるという前提で動いており、いづれ新検証規則のブロックチェーンが長くなり、新検証規則のブロックチェーンに収束するとされています。

ただし新ルールが代替えとして収束せず、長期的に新旧ブロックチェーンが併存する状態が続いた場合、ルールの混在による混乱を招きやすいことが問題とされています。
また、新旧仕様でコミュニティが意見対立が起きた場合、ハードフォークによる分裂に発展する危険なども問題視されています。

[関連]
⇒ フォーク(分岐)とは
⇒ ハードフォークとは

関連ワード:フォーク初心者
Close Menu