プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus/PoC)とは

仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーン用語集

リップルで採用しているコンセンサスアルゴリズム。

プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus)は、リップルネットワーク(Ripple network)でつながっているP2Pネットワークにおいて、承認者(バリデーター/Validator)が取引(トランザクション)を承認し、全体の80%以上が承認するとXRP Ledger(リップルの分散型台帳)に記録される仕組みです。

PoCには、ビットコインのようなマイニングはありません。そのため、承認作業に時間がかからず、非常に速く取引履歴をXRP Ledgerに追加することができます。

承認者は、だれでもなれるわけではなく、リップル社が選んでいました。選ばれた承認者リストは、UNL(ユニーク・ノード・リスト/Unique Node List)といいます。
UNLには、信頼できる金融機関などが選ばれており、これによって、信頼性が担保されていました。しかし、実質的にはリップル社が管理しており、中央集権的であるため、UNLの承認者を第三者の選んだ承認者に置き換えていく計画がされています。

Close Menu