フォーク(分岐)とは

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

何らかの起因によりブロックチェーンのブロックが分岐して生成されることをフォーク(分岐)と言います。ブロックチェーンのフォークにはルールがあり、一時的にフォークにより分岐しますが、いずれ分岐した双方のブロックチェーンのうち、より長くなった(支持された)ブロックに収束し支持されなかった方を無効にするというルールがあります。

フォークの種類は大きく以下に分けられます。

  1. 通常起こる同時生成によるフォーク
  2. 仕様変更のための意図的なフォーク
    • ハードフォーク
      • アップデートによる切替
      • コインの分裂
      • アルトコインの開発による派生
    • ソフトフォーク
      • 互換性のあるブロック内部アップデート

通常起こる同時生成によるフォーク

ブロックチェーンのブロックはマイナーによるマイニングによって生成されています。通常、ブロックの生成はひとつ前のブロックから繋がったひとつのブロックが生成されるのが通常です。ただし例外もあり、一時的にこのマイニングによるブロック生成がふたり同時に正とされるような生成が起こります。この場合はふたつとも正と扱われるので、ふたつ同時に生成されます。

仕様変更のための意図的なフォーク

ブロックチェーンの検証規則やブロックサイズの仕様をアップデートする場合に行われる仕様変更のための意図的なフォークが“ハードフォークおよびソフトフォーク”です。

関連ワード:フォーク初心者
Close Menu