電子マネーとは

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

電子マネー(英語:electronic money)とは、あらかじめ法定通貨としての現金を特定のサービスで使えるデジタルな財布へ入金(チャージ)し、外では現金を持ち歩かず、スマホやカードを用いてデジタル決済を行う支払い手段です。貨幣ではないので利用者本人の範囲でのみ使用できチャージした資産の他者への受け渡しはできません。ノーマルタイプ、交通系電子マネー、後払い式、デビットカード付帯などいくつかのタイプがあります。
電子マネーと暗号通貨との違いは、電子マネーが特定サービスで本人のみが所有利用でき個人間の受け渡しができないのに対し、暗号通貨は特定サービス外での利用と個人間送金による資産移動が可能な点です。

資金決済法上は主に「前払式支払手段(第三者型)」に該当するものを言います。クレジットカードや請求書払い口座振替による後払い方式もあります。(※後払いですが、利用上前払い式に準じた決済手順で処理されるもの。)

仮想通貨とは別に電子商取引に始まる金融のデジタル化は今後さらに進むとされ、特に日本では現金決済率が高く、現金を持ち歩ける治安の良さと、中小零細店でのキャッシュレス決済の普及率の低さから、キャッシュレス化が遅れている傾向があるなど、訪日外国人(インバウンド)の増加に合わせ、電子マネーなどの現金を伴わないキャッシュレス化の拡大が日本では急務とされています。

Apple Payは電子マネーではありません。非接触型の支払い手段です。SUICAや店頭でのクレジットカードの支払いなどを一元化できるのがApple Payです。

関連ワード:初心者
Close Menu