バーン(burn)/プルーフ・オブ・バーン(Proof of Burn)とは

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

発行したコイン、トークンの何割かを消滅させること、流通量を減らすこと。総発行量や流通し得る通貨が減少することで、流動性が圧縮され通貨の取り合いが起き、稀少性が増し価格が高騰する。
ICOでは初期発行でトークンを大目に発行して、販売されなかったトークンをSale終了後にバーンしたり、発行元保有量と参加者の発行比率がホワイトペーパーの分配量から大きく乖離した場合、安定のために一定量をバーンすることを明言することがある。
プルーフ・オブ・バーン(Proof of Burn)とは、バーンするコインを秘密鍵を誰も知らないアドレスに送ることで、そのコインを(実質)使用不可能にすることです。同時に、そのコインが使用不可能だということをBlockchain上で誰にでも確認可能「Proof(証明)」することを言います。

burnは運営が持っている通貨でされる

burnは発行元・運営の持つ通貨からされます。
個人の保有者、マイナー、トレーダーの所持量が減ることはありません。

過去にburnして価格が上昇した仮想通貨

ALIS
EMC2
TRIG

関連ワード:burn初心者
Close Menu