仮想通貨・ICO用語集

  • 公開日:
  • 更新日:
仮想通貨・ICO用語集

このページでは初めての方、初心者の人向けに仮想通貨、暗号通貨、ICOに関係して出てくる用語用語集として要点のみ説明しています。
それぞれの見出しがリンクになっている場合、クリックすることでより詳しい説明・関連情報の書かれたページを表示します。

仮想通貨

読み:かそうつうか 英語:virtual currency
紙幣や硬貨のような現物をもたず、インターネット上の特定サービスなどでのみ使える電子(デジタル)的な通貨のこと。国家による価値の保証はされておらず、各国家権威による定義も狭義にも広義にも共通性には大きな差異がある。
仮想通貨のひとつにビットコインやアルトコインなどの暗号通貨(Cryptocurrency)がある。

暗号通貨

読み:あんごうつうか 英語:Cryptocurrency
仮想通貨の内のひとつ。暗号技術を用いることで安全な取引の確保、およびその発行の管理をする。代表的なものとしてビットコインがある。英語圏ではCrypto(暗号)currency(通貨)と表記されます。

ICO(Initial Coin Offering)

発行元が独自トークンをIPOにおける株式に見立て発行、参加者がそのトークンを購入することで資金調達を行う方法です。
仮想通貨のICOは「Initial Coin Offering」の略でクラウドセール(Cloud Sale)やトークンセール(Token Sale)などとも呼ばれます。
株式のIPO(Initial Public Offering:新規公開株)になぞらえてICOと言われるようになりました。

AirDrop

AirDrop(エアドロップ)とは、一定のプロジェクト協力と引き換えに無料でトークンを配布するようなことを言います。
先行してまずはそのトークンの保有者、プロジェクトの参加者の枠組みを広げ、サービスが利用される経済圏の確立・拡大することを目的とします。
知名度の上昇に貢献することを対価とする無料配布の手法のため、参加者は金銭的負担を追わずに少しずつ参加することができることが最大のメリットです。詐欺のリスクが皆無とはいきませんが金銭的な詐欺リスクは低減され、いくつかのポイントと一般的なフィッシング詐欺の類さえ注意すればある程度安全に参加することができます。
通常ICOでは独自トークンと引き換えに金銭そのものの出資を募り資金調達を行いますが、ICOの簡易性に対する出資詐欺の問題が大きく規制が強くなってきています。
それに対し「エコシステムとして開発された暗号通貨の理念に沿っている!」「スタンダードとするべき次世代ICOだ!」と注目されてきています。

分散台帳技術/Distributed Ledger Technology(DLT)

分散台帳技術/Distributed Ledger Technology(DLT)は、Blockchain技術などを含む分散台帳を実現するための技術の総称を指す。
Blockchain技術も分散台帳(DLT)の要件をみたす技術のうちのひとつの種類と説明されることが多い。

ブロックチェーン(Blockchain)

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散台帳技術(DLT)のひとつで、分散型台帳ネットワークともいわれる。
ブロックチェーンではDLTの基本要件に加え、ブロックと呼ばれる連続して増加するリストを持ち、各ブロックにはタイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンではこれを、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により自律的に管理される。

Block Height(ブロックの高さ)

ブロックチェーンは一定時間ごとの取引データをまとめてブロックとして保存しています。このブロックは前後のブロックが時系列順に並んでおりこれに番号を付け台帳の管理単位としたのがBlock Height(ブロックの高さ)です。ジェネシス・ブロックを Block Height #0 とした時にそのブロックが何番目のブロックにあたるかということを指しています。

トークン

ブロックチェーンのプラットフォーム上に作成された仮想“通貨”部分がトークンです。例としてNEMというブロックチェーンを使った仮想通貨がXEMトークンと言われるのはこの為です。
イーサリアムのブロックチェーン上で使用する目的で作られた通貨トークンはETHなのでこちらは統一感出ていますね。NEM(XEM)とか初見殺しです

ビットコイン/Bitcoin

“ビットコイン(BTC)”のこと。仮想通貨の中でもっとも知名度が高くなったことから、仮想通貨の代名詞および暗号通貨の総称のような意味合いで使われる場合も多い。

アルトコイン(オルトコイン)

アルトコインの名称は Alternative Coin(代替コイン)の略称です。“ビットコイン”以外の暗号通貨の総称として使われています。イーサリアム、ビットコインクラシック、モナ、ビットコインキャッシュ…などなど。すべてアルトコインということになります。

フォーク(分岐)

何らかの起因によりブロックチェーンのブロックが分岐して生成されることをフォーク(分岐)と言います。ブロックチェーンのフォークにはルールがあり、一時的にフォークにより分岐しますが、いずれ分岐した双方のブロックチェーンのうち、より長くなった(支持された)ブロックに収束し支持されなかった方を無効にするというルールがあります。フォークの種類には大別して①通常起こる同時生成によるフォーク、②仕様変更・アップデートのための意図的なフォーク“ソフトフォーク、ハードフォーク”があります。

ハードフォーク

ハードフォークとは、ブロックチェーンの仕様変更・アップデートにおいて旧ブロックとの検証規則、仕様、互換性を取らずに行われるフォークを指します。ハードフォークの際には、分岐は一時的なものではなく永続的なものとして行われます。ハードフォークに該当する実施パターンはいくつかあります。①本来のアップデート目的として行われる旧仕様から新仕様への切替フォーク、②コミュニティの意見対立や方向性の違いから袂を分かつ騒動になりやすいコインの分裂、③新たなブロックチェーンとして旧コインのオープンソースを改良して派生する新規アルトコイン開発、のパターンです。

ソフトフォーク

ソフトフォークとは、前のブロックとの検証規則(仕様互換性)を維持したまま新たな検証規則へアップデートする仕様変更を指します。ソフトフォークの際には新たな検証規則(ブロックチェーン)と旧い検証規則が併存して有効とされ、一時的に新旧の検証規則でマイニングを行うマイナーがいるためブロックチェーンは分岐します。その後、過半数のマイナーによって採択され、長くなった方の検証規則(ブロックチェーン)へと収束していきます。

ウォレット(ホット/コールド/Web/ソフト/ハード)

ウォレットとは一般的には「お財布」とか「口座」のことです。仮想通貨・暗号通貨ではこのお財布=ウォレットにコインが保管されます。
ウォレットにはいくつかの方式があり、その仕組みの特徴をさして“ホット/コールド/Web/ソフト/ハード”と呼び方が分けられています。
セキュリティリスク的には“ホット=Web<ソフト<ハード=コールド”の順に低くなります。しかし利便性も同様に低くなる傾向があります。

ホワイトペーパー(white paper)

ICOの実施元で公開されているホワイトペーパーには、プロジェクトの構想、目的、概要、計画、スケージュール、ロードマップ、調達資金の使い道、トークン発行量、分配比率、チームメンバーなどが記載されています。
ICOに参加する際は、必ずホワイトペーパーを読んでその内容の理解が欠かせません。

マイニング(マイナー)

マイニング(mining)とは、暗号通貨取引の整合性の検証を行い、取引台帳への記入、つまりブロック生成を行うことをいいます。このマイニングに参加する人をマイナーと呼びます。
ブロックチェーンがP2Pで稼働するために必要なジェネレーターやエンジンの役割に相当します。

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)

仮想通貨のマイニング方式を示すコンセンサスアルゴリズムの一つ。
Proof(証明) of Work(仕事) で仕事量=ハッシュの計算量が高かった方を採用するアルゴリズム。ビットコイン/イーサリアムがコンセンサスアルゴリズムとして採用している。マイニングのための電力消費コストが大きいなど、暗号通貨外の維持コスト問題がある。

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)

仮想通貨のマイニング方式を示すコンセンサスアルゴリズムの一つ。
プルーフ・オブ・ワークが仕事量に対し、プルーフ・オブ・ステークは保有量によって決まるため、電力消費問題などの物理リソースが少なくて済むメリットがある。しかし課題もあり、保有量=パワーとなるため富める者がより富む、先行して長期保有することのメリットが強いことから流動性が停滞する懸念があるとされる。

コンセンサスアルゴリズム

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは、ブロック生成過程の追加におけるルール・合意形成の方法をいいます。合意をとりまとめる中央管理者が存在しないP2Pネットワークにおいて、意見の相違が起きた状況下でも矛盾なく合意を取る方法(アルゴリズム)をシステムで定めることは最も重要な仕組みの一つです。
コンセンサスアルゴリズムの代表的なものを挙げると、仕事量のPloof of Work、保有量のPloof of Stake、重要度のPloof of Importance、などがあります。

51%攻撃問題

特定のノードの仕事量が51%以上確保されたとき、改ざんが可能になってしまうという懸念。ある一定のノード規模を超えれば51%を超えるノードを握るには莫大なコストがかかるようになるなど、コストに対するメリットが薄くなり現実的ではなくなることから理論的には可能でありつつも大きな問題を起こすことはないのではないかと2018年初頭あたりまで考えられていました。
しかし、2018年中頃より複数の暗号通貨に対して、ブロック生成の仕様のバグをついた51%攻撃による通貨の不正流出が発生していることが相次いで表面化しました。

ジェネシス・ブロック(Genesis Block)

ブロックチェーンの最初のブロック“Block Height #0”のことを指します。他のブロックが必ず前のブロックの情報を含んでいるのに対し、ジェネシス・ブロックは最初の特別なブロックであるため、自らがジェネシス・ブロックであることをその特別な記述で宣言しています。すべてのブロックを過去へ辿れば必ずこのジェネシスブロックへとたどり着くことになります。

電子マネー

あらかじめ法定通貨としての現金を特定のサービスで使えるデジタルな財布へ入金(チャージ)し、外では現金を持ち歩かず、スマホやカードを用いてデジタル決済を行う支払い手段です。貨幣ではないので利用者本人の範囲でのみ使用できチャージした資産の他者への受け渡しはできません。
電子マネーと暗号通貨との最たる違いは、暗号通貨は個人間送金による資産移動と特定サービス外での利用が可能な点です。

バーン(burn)/プルーフ・オブ・バーン(Proof of Burn)

発行したコイン、トークンの何割かを消滅させること、流通量を減らすこと。総発行量や流通し得る通貨が減少することで、流動性が圧縮され通貨の取り合いが起き、稀少性が増し価格が高騰する。
ICOでは初期発行でトークンを大目に発行して、販売されなかったトークンをSale終了後にバーンしたり、発行元保有量と参加者の発行比率がホワイトペーパーの分配量から大きく乖離した場合、安定のために一定量をバーンすることを明言することがある。
プルーフ・オブ・バーン(Proof of Burn)とは、バーンするコインを秘密鍵を誰も知らないアドレスに送ることで、そのコインを(実質)使用不可能にすることです。同時に、そのコインが使用不可能だということをBlockchain上で誰にでも確認可能「Proof(証明)」することを言います。

DApps(ダップス/分散型アプリケーション)

DApps(ダップス/分散型アプリケーション)とは、Decentrized Applicationsの略で、日本では非中央集権型・分散型アプリケーションのことです。

分散型取引所(DEX)

分散型取引所(DEX)とは、P2Pによって分散型ネットワーク上にて稼働するシステム拠点の存在しない取引所のことです。
※DEXはDecentralized EXchange=分散型 取引所の略
取引所システムを支えるネットワークそのもがP2Pで構築されているため、ハッキングの攻撃対象とするシステム拠点が存在せず、システム稼働の維持・管理リスク・ハッキング等の外部セキュリティリスク・運用コストなど組織運営によるシステムの持つデメリットを解消できる可能性が注目されています。

アトミックスワップ

アトミックスワップとは、取引所などの第三者を仲介せずに、異なる通貨を交換する仕組みのことです。

金融庁

金融庁(英:Financial Services Agency 略:FSA)は、日本の行政機関です。役割は、金融庁設置法第三条(任務)において「金融庁は、我が国の金融の機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、有価証券の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務とする。」とされています。

匿名通貨

匿名通貨とは、第三者が取り引きデータを閲覧することができないプライバシー保護の高い通貨のことです。

DAO

特定の管理者や主体を持たない分散型の組織のことです。

ステーブルコイン

ステーブルコインは一定の価値、法定通貨と等価にするといった手法により実現される、従来の仮想通貨のようなボラティリティの大きさをなくしたトークンの総称です。一般的に仮想通貨は法定通貨と比較して価格の変動が激しく、相場変動リスクなど現状では社会での実用性には問題があります。この問題への解決策、価格の安定性と一般の人々に対して仮想通貨の持つ有益性を提供するための手段のひとつとしてステーブルコインは提案されています。

KYC

KYC(Know Your Customer)とは、「顧客の身元の確認」を行う行為や「本人確認」書類の提出を求めることを言います。反社会勢力との関係の回避、マネーロンダリング対策などコンプライアンスの順守は企業の重要な課題なことからKYC(本人確認)の徹底は重要な活動の一つとされています。

ホワイトリスト

ホワイトリストとは、許容・受け入れる対象をリスト化したものを言う。対義語として「ブラックリスト」(black list)がある。この場合はリストに載っているものは拒否される。「金融庁が認可した仮想通貨交換業者の取り扱い仮想通貨欄に記載がある仮想通貨」を、通称「国内取引許可が出た仮想通貨=ホワイトリスト」とするのと、 ICO元がプレICO前に事前登録を募り、「セール前に購入確約者受付リストを作成=ホワイトリスト」とするものがあります。

ロックアップとは

コイン(トークン)のロックアップとは、一定の期間コインを売ったり送金したりできなくすることです。

取引マイニングとは

取引マイニングとは、トレード時に発生した手数料をコイン(トークン)で還元する仕組みのこと。

レンディングとは

自分のもっているコイン(トークン)を一定期間貸し出して、利息付で返してもらうことができるサービスのことです。

ハッシュパワー・ハッシュレートとは

ハッシュパワーはマイニングを行う時の計算能力の速さで、それを単位であらわしたものがハッシュレートです。

Close Menu