ジェミニドル/Gemini Dollar(GUSD)の特徴をまとめて解説

  • 公開日:
  • 更新日:
ジェミニドル/Gemini Dollar(GUSD)

ジェミニドル(Gemini Dollar/GUSD)は、信用力と価格の安定性がある米ドルとブロックチェーン技術、そして米国の規制検査を組み合わせた「ステーブルコイン」です。
ニューヨーク州金融当局から認可を受け、今年9月10日から提供開始しました。


ジェミニドル(Gemini Dollar/GUSD)の仕組み

ジェミニドル(GUSD)は、米ドル(USD)と1対1で交換することができます。

引き出す時にジェミニプラットフォーム上で作成され、同時に、米ドル金額がユーザーの口座から引き落とされます。逆に、償還された場合は、ジェミニドルが破壊され、米ドルがユーザーの口座に入金されます。

ジェミニドルの発行は、ジェミニ・トラスト・カンパニー LLC(Gemini Trust Company, LLC)が担当し、米ドルの流通に関しては、ステート・ストリート銀行(State Street Bank and Trust Company)が担当しています。

透明性

ジェミニドルの大きな特徴は、透明性の高さです。
ジェミニドルと米ドルが、1対1であることを証明するために、毎月、第三者機関の検査を受けて、その内容を報告しています。
この検査報告書は、Geminiのサイトで公開されており、誰でも見ることができます。
ジェミニドルと米ドルの検査報告書はこちら

安全性

ジェミニドルは、連邦預金保険公社(FDIC)のパススルー(支払義務が発生する)預金保険の対象になっています。
保険の対象になれたということは、ジェミニドルの購入・販売・保管などにおいて、安全な取引所であり、保管機関であると証明できたともいえます。

ERC20トークンを使用

ジェミニドルは、イーサリアムネットワーク上に構築されたERC20トークンです。そのため、ERC20対応ウォレットであれば送受信することができます
スマートコントラクトのコードもセキュリティ会社によって検査済みの証明書が発行されています。

また、ジェミニドルトークンは、下記のような必要が生じた場合にアップグレードが可能な設計となっています。アップグレードできるということは、改ざんが可能ととらえることもできるため、アップデートの内容には注意が必要です。
・脆弱性対策
・新機能によるシステム拡張
・システムを改善し運用効率を最適化
・予期せぬ事態や法的な義務が発生した場合に一時停止、ブロック、トークンの逆転送ができる

将来性

毎月、1対1の検査報告を発表したり、保険の対象であることなどを強調し、透明性や安全性において、テザーとは全く違うことを強調しています。
他の通貨が暴落した時などの一時退避先として大きな期待が持て、ステーブルコインとしての地位を確立できるのではないかと思われます。

基本情報

ジェネシス日
ブロックタイム
発行上限
ハッシュアルゴリズム
コンセンサスアルゴリズム
ホームページ https://gemini.com/dollar/
ホワイトペーパー https://gemini.com/wp-content/themes/gemini/assets/img/dollar/gemini-dollar-whitepaper.pdf
コミュニティ/フォーラム https://twitter.com/GeminiTrust
エクスプローラー https://etherscan.io/token/0x056fd409e1d7a124bd7017459dfea2f387b6d5cd
取引所 OKEx、Bitforex、Coinsuper、CoinBene、Fcoin、Digifinexなど

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu