仮想通貨損益計算ツール「Gtax」を提供するエアリアルパートナーズ、YahooグループのZコーポレーション等から資金調達

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
仮想通貨損益計算ツール「Gtax」を提供するエアリアルパートナーズ、YahooグループのZコーポレーション等から資金調達

仮想通貨の損益計算ツール「Gtax(ジータックス)」や、仮想通貨取引にかかる確定申告サービスである「Guardian(ガーディアン)」を提供する、株式会社Aerial Partners(代表取締役 沼澤 健人)が、ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社(代表取締役 宮坂学)、株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(代表取締役 田島 聡一)他、複数の個人投資家を引受先として、第三者割当による株式の発行の実施を発表した。資金調達総額は約1億8千万円の予定となっている。

さらに資金調達に合わせ、高田徹(Zコーポレーション株式会社)・John Flynn(ゴールドマン・サックス日本法人技術部門 元Managing Director)を社外取締役へ就任させる他、藤本真衣(株式会社グラコネ代表取締役)がアドバイザーとして就任する。

・仮想通貨の損益計算ツール「Gtax(ジータックス)」
様々な取引所の取引履歴を取り込んで、損益を自動計算してくれるツール。通貨間取引の損益も時価計算。売買以外のレバレッジ取引など多様な取引の損益計算にも対応するシンプルな仮想通貨損益計算ツール。

・仮想通貨確定申告サービス「Guardian(ガーディアン)」
面倒な仮想通貨の損益計算から確定申告まで、税務申告者の「困った」をフルサポート。仮想通貨の税務知識に精通した税理士を紹介、煩雑な計算と確定申告書の作成をサポート、取引履歴を取得できる全取引所・全取引について対応可能。

・Zコーポレーション
ヤフー株式会社の100%子会社、既存事業とは異なる領域へ挑戦するため、2018年に設立された新規事業開拓の投資ファンド・インキュベータ。
資金のみならず投資先企業の成長を共に一緒に汗をかきながらハンズオンで支援する。また投資先企業のもつ潜在的価値をヤフーグループやソフトバンクグループの事業資産と組み合わせることで解き放つことを目的としている。

[参考]
仮想通貨の取引支援事業を手がけるAerial Partnersが、ヤフーグループのZコーポレーション、ジェネシア・ベンチャーズ等から総額1億8千万円の資金調達を実施
Zコーポレーション、仮想通貨の税務管理を支援するAerial Partnersに出資

関連ワード:ヤフー税金納税
Close Menu