金融庁が仮想通貨交換業者を新たに2社追加

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

金融庁が、仮想通貨取引所を新たに2社追加しました。

1社は、楽天ウォレット株式会社で、関東財務局長 第00015号に追加しました。

楽天ウォレットは、3月1日に「みんなのビットコイン株式会社」から「楽天ウォレット株式会社」に商号を変更しており、3月31日をもってみんなのビットコイン仮想通貨取引所サービスを終了し、4月より新サービスを開始する予定となっています。
取り扱う仮想通貨は、BTC、ETH、BCHの3種類です。

もう1社は、株式会社ディーカレットで、関東財務局長 第00016号に追加しました。

ディーカレットには、株式会社インターネットイニシアティブなどが出資しており、2019年3月27日(水)よりアカウント開設の受付を開始し、2019年4月16日(火)より現物取引サービスを開始するとしています。
取り扱う仮想通貨は、BTC、ETH、BCH、LTC、XRPの5種類で、ETHのみ今夏、取扱い開始予定となっています。

参考:金融庁DeCurret

Close Menu