2019年フォーブズアジア30に選ばれたブロックチェーン関連の起業家

世界的な経済紙Forbesがアジアで活躍する若手をピックアップした「Forbes 30 Under 30 Asia 2019」を発表した。

注目のテック企業が多く選ばれる中、ブロックチェーン技術に焦点を当てた起業家も選出されている。

Shivom (OMX)の共同創業者Gourish Singla

Shivomプロジェクトは遺伝子情報を含む医療データのプラットフォームを目指している注目のブロックチェーン企業で、Gourish Singla氏はこのShivomプロジェクトの共同創業者だ。ドバイで行われたSmart Health Conference 2018でも、世界の革新的企業トップ50として表彰されている。Shivomプロジェクトは2018年5月にICOを行い3500万ドルを調達し、順調にプロジェクトを進行している。

ゲノムデータは医療分野で様々な企業により研究が行われているが、そのデータ報酬が個人に還元されることがないことがこのプロジェクトをきっかけとなった。

ゲーム開発会社Fuel Gamesの創業者Robbie Fergusonと兄弟のJames

カード対戦ゲーム「Gods Unchained」を開発するFuel Gamesの創業者。ロボットの育成ゲーム「Etherbots」の成功のあと、世界初のブロックチェーンベースのeSportsタイトルとなった「Gods Unchained」を発売した。

米仮想通貨取引所のコインベースを含む、ベンチャーキャピタルから240万ドルの資金を調達し、創業から1年で500万ドルの収入に達した。

インド政府機関も採用するElemential Labsの創業者3名

Anilkishen Dukkipatty氏、Sahil Kathpal氏、Raunaq Vaisoha氏の3名は、ムンバイを拠点とするブロックチェーンのスタートアップElemential Labsを共同設立した。同社の製品Hadronは、インドの国立証券取引所などの機関で、ブロックチェーンネットワークの展開、管理、拡張に使用されている。Digital Currency Groupを含む投資ラウンドで100万ドルの資金調達を行った。

Qtum (QTUM)の創業者Patrick Dai氏

時価総額は全体の27位で、評価額は2億ドルを超える仮想通貨Qtum (QTUM)の創業者。Patrick Dai氏は中国のインターネット大手Alibabaで勤務した経歴を持ち、その後シンガポールで独立しQtumプロジェクトを立ち上げた。

ブロックチェーン企業に投資するSiyu(Steven)Li氏

シンガポールを拠点とする投資会社FutureMoney Venturesの創業者。純資産で4000万ドルを管理しており、QuarkChain、DxChain、GIFTOを含むブロックチェーン関連プロジェクトに投資している。

仮想通貨Rate3(RTE)の創業者Jian Kai(Jake)Goh氏

HuobiやBiboxにも上場しているRate3(RTE)のCEO。主力商品のRateXは、Web上で買い物をする際に自動的にクーポンコードを探してくれるブラウザ拡張機能で、すでに50万ドル以上をユーザーの買い物で節約した実績を持つ。彼のブロックチェーンプロジェクトRate3もトークンセールにて1500万ドルを調達した。

参考:Forbes 30 Under 30 Asia 2019: Entrepreneurs Leveraging Blockchain In Business

Close Menu