フリマサイトでPaidyを使った詐欺が多数報告される【追記あり】

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

会員登録不要、クレジットカードがなくても利用できる後払いサービス「Paidy(ペイディー)」を使った詐欺が、フリマサイトを中心に多数報告されています。

詐欺の手口は下記の通り。

  • 詐欺師:フリマサイトで商品を出品(手元に商品がない状態で出品)
  • 被害者:詐欺師が出品している商品を落札
  • 詐欺師:家電量販店でPaidyを使って商品を購入し、直接被害者に送付
  • 被害者:落札商品が到着したと勘違いし、フリマサイトで商品到着の連絡を行ってしまう(詐欺師への支払いが完了)
  • 詐欺師:Paidyの支払い請求を無視
  • 被害者:Paidyの支払い請求が被害者に届く

被害者にPaidyの支払い請求が来てしまうのは、支払い時に登録した電話番号の持ち主(詐欺師)が支払い請求を無視し続けると、「商品の送付先に請求書が送付される」というPaidyのシステム仕様のためとのこと。

詐欺師の商品購入先と思われるビックカメラ.comでは、現在Paidyでの支払いが中止しており、被害者ユーザーの報告によれば、返品することで請求は行われないとのことです。

一方で、フリマサイトで支払った代金についてどのような対応となるのかは不明となっています(記事執筆時)。

現時点でフリマサイトで詐欺にあわないようにするためには、評価が全くない人や電化製品を大量に出品している人などには注意が必要です。

追記:2020/01/15
Paidyから「Paidy決済を悪用した加盟店様での売上金詐取について」のお知らせが公開されました。

詳細に関しては加盟店様を含めた関係各社の皆様と連携を取り、現在対応しております。弊社としましては、詐欺に関する被害届を警察に提出する予定であり、今後警察の捜査に全面的に協力すると共に、悪意ある者に対しては損害賠償を請求する所存です。

被害にあったユーザーには、不当な経済的負担をかけることがないように対応し、不正利用防止策の見直しを行い、再発防止を徹底していくとのこと。

また、当面は被害拡大を防ぐため、悪用の懸念が高い取引における「Paidy」決済サービスの提供を一旦制限、もしくは停止すると発表しています。

追記:2020/01/16
メルカリから「外部の後払い決済サービスを悪用した不正行為について」のお知らせが公開されました。

メルカリでは関係各社と連携の上、上記の不正行為を未然に防ぐ対応を進めており、不正な取引に対しては、アカウントの利用制限などの対策を進めてまいります。

メルカリ上での支払いに加えて、追加の支払いを請求をされたという事例は、現時点で確認されておらず、今後も、ユーザーに不当な請求がされないよう、サポートしていくとのこと。

※なお、メルカリでは、Paidy支払いを導入していないため、メルカリ上での支払い手段として選択することはできない。

参考:mercari

関連ワード:Paidy詐欺
Close Menu