ファミマの店頭スマホ決済利用は1位ファミペイ、2位PayPay(ペイペイ)、3位d払い

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
ファミマの店頭スマホ決済利用は1位ファミペイ、2位PayPay(ペイペイ)、3位d払い

ファミリーマートは10月9日(水)、第2四半期決算説明会を開催。その中で、ファミリーマートが自社で展開する店頭スマホ決済アプリ「ファミペイ」の利用が、ファミリーマート店舗での店頭スマホ決済の中でもっとも利用されている事がわかった。

決算説明会資料「2019年度:デジタル戦略の推進(6P)」、ファミリーマートでの店頭スマホ決済利用ベスト3において「1位がファミペイ:33%、2位がPayPay(ペイペイ):30%、3位がd払い:14%」としている。

ファミペイアプリのダウンロード数は370万ダウンロードに達し、キャッシュレス利用比率は全体の20%、前年比で3割増、マルチポイント化によってアプローチ可能な会員を大幅に拡大、今後も拡大するターゲットに積極的に販売展開をしていくとした。

また、ファミペイのアプリ導入効果により、ポイント・クーポン・スマホ決済の一元と、1人当たりのレジ接客時間が3分の1に削減する効果が見込めるという。

株式会社ファミリーマート2020年2月期 第2四半期 決算説明会資料 6P:2019年度 重点施策 デジタル戦略の推進
出典:ファミリーマート2020年2月期 第2四半期 決算説明会資料 6P: デジタル戦略の推進

[参考:]
決算説明会資料|IR・投資家情報|ファミリーマート
決算説明会プレゼンテーション資料(PDF 1.3 MB)

Close Menu