米フェイスブック、Facebook Payの提供開始を発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

フェイスブックは、アプリを使った買い物や寄付、そして個人間送金をより簡単にし、支払情報の安全性を保護するFacebook Pay(フェイスブックペイ)の提供を発表した。

Facebook Payは、米国のFacebook(フェイスブック)とMessenger(メッセンジャー)で今週開始され、資金調達、ゲーム内課金、イベントチケット、Messengerでの個人間支払、Facebook Marketplaceの一部のページで利用可能になるという。

今後、InstagramやWhatsAppでのFacebook Payの提供も予定している。

Facebook Payは、主要なクレジットカードとデビットカード、およびPayPalをサポートしており、支払いは、PayPal、Stripe、および世界中の企業と提携して処理される。

Facebook Payは、既存の金融インフラとのパートナーシップに基づいて構築されているため、Libraネットワークで実行されるCalibraウォレットとは別のものとしている。

セキュリティに関しては、カード番号と銀行口座番号を安全に保存および暗号化し、システムで不正防止監視を実行して不正なアクティビティを検出し、アカウントアクティビティを通知するように設計されている。

また、PINを追加したり、フェイスID認証などのデバイス生体認証を使用することで、送金や支払いの際のセキュリティを強化することも可能としている。

参考:Facebook Pay

Close Menu