リブラの裏付け資産比率は米ドル50%、日本円14%、人民元はなし

フェイスブック(Facebook)が開発を進める仮想通貨リブラ(Libra)の裏付け資産比率を、ドイツSPIEGELオンラインが伝えた。ドイツのFabio De Masi議員らの要請に応えるかたちでフェイスブックが公表した。

リブラを構成する裏付け資産は米国国債を含む米ドルが50%、ユーロ建て国債を含むユーロが18%、日本円が14%、英ポンドが11%、シンガポールドルが7%となっている。以前から構成する法定通貨の種類は伝えられていたが、比率まで公表されるのは今回が初めてとなる。

人民元が含まれないことは確実

実際にリブラが発行まで行われた場合、米ドルや日本円を預ける形でリブラが発行されることが予想される。しかし中国人民元については含まれてなく、中国国内の利用には一定のハードルがあることが予想されている。

こういった背景や、国際的な人民元の影響力を高めるため中国中央銀行である中国人民銀行は人民元のデジタル通貨の発行を検討している。今回の比率発表でも改めて人民元が除外されることが確認でき、中国が独自のデジタル通貨発行へ向けて一層加速することが予想されている。

リブラは米国だけでなく、ユーロ圏内においても多くの規制当局からの認可を経て発行されることから、時間的にもかなりの期間がかかることが予想されている。中国人民銀行の高官は発表間近との発言も行っており、デジタル通貨において先手を打ってくるのではないかと注目されている。

参考:SPIEGEL / Facebook verzichtet bei Libra auf chinesische Währung

関連ワード:リブラ(Libra)
Close Menu