フェイスブック(Facebook)の子会社カリブラ(calibra)が発行するcalibraウォレットアプリ

18日に、米SNS大手のフェイスブック(Facebook)はステーブルコインの特徴を持つリブラ(libra)の発表を行った。また同時に仮想通貨リブラの運用や普及を専門に行う子会社カリブラ(calibra)の設立も発表された。

フェイスブックの子会社カリブラ(calibra)の役割

フェイスブックの子会社カリブラは、今回発表された仮想通貨リブラの普及や運用を専門に行う子会社だ。仮想通貨リブラの発行や運用に関して、フェイスブックの影響が大きくならないよう設計されており、フェイスブックとは完全に別の団体リブラ協会(Libra Association)が主導して運用を行う予定となっている。

そのリブラ協会にフェイスブック本体は参加しておらず、リブラ運用部門である子会社カリブラが参加している。またリブラ協会には決済大手企業や取引所、ベンチャーキャピタルなどが参加しているが、カリブラはあくまでメンバーの1企業として参加する形となっている。

カリブラ(calibra)が発行するcalibraウォレットアプリ

仮想通貨リブラの普及を担うカリブラではリブラ専用のウォレットアプリcalibraをリリース予定にしている。このカリブラアプリは、仮想通貨リブラを扱いやすくするために設計されたもので、テキストメッセージを送るように仮想通貨リブラを送信できる。

Facebook Messengerで数回のタップで送金や引き出しが可能
フェイスブックがリリースするメッセージアプリ「Facebook Messenger」を使って送金や現金への引き出し、また商品の購入などが簡単に出来るようになる。

同じくメッセージアプリ「WhatsApp」でも利用可能
仮想通貨リブラは世界で10億人以上が使うメッセージアプリ「WhatsApp」でも利用可能になる予定だ。

アカウントは独立
フェイスブックアカウントやその他のメッセンジャーアプリアカウントとは別で独立したアカウント設定が可能の予定となっている。その上で各アプリとの連携が行うことが予想されている。

世界中どこでも送金
個人宛への送金はもちろん少額決済にも簡単な操作で使える予定となっている。

アカウントは認証され安全な取引
カリブラアプリのアカウントは各国政府が発行するID認証があるため、なりすましがなく安全な取引が可能になる。またアプリに内蔵される詐欺防止機能や、報告機能、カスタマーサポートなどが提供される。

プライバシー
個人情報はもちろん、通貨リブラの取引履歴が公開されないようにプライバシー機能を有している。

手数料が低い
仮想通貨は従来の国際送金より送金手数料が低い特徴があるが、リブラ送金では仮想通貨の中でもさらに低い手数料で送金出来ることを発表している。

世界中の店舗で使える
実店舗やオンラインショップでも従来よりも低い手数料で決済が行える。またPOSシステムの開発も行う予定で、今後世界中の店舗で利用できる予定となっている。

calibraのリリース日はまだ未定

2020年に発行を予定しているリブラだが、カリブラウォレットアプリもそれまでのリリースが予想されている。現在はっきりした予定日は公表されていない。

利用開始までに政府発行IDが必要

通貨リブラを使うためには、各国の政府が発行する身分証明書での承認手続きが必要であることが予想されている。これは犯罪対策や、マネーロンダリング防止のためにも必須事項となる予定だ。

参考:https://calibra.com/

Close Menu