F1® Delta Time2回目のNFTオークションは32000ドル越えの落札価格で終了

F1deltatime-2nd-auction-end

香港Animoca Brandsが来年リリースに向けて開発している世界的レースブランド、F1初のブロックチェーンゲーム「F1® Delta Time」。
そのF1® Delta Timeで使用できるNFTトークンのF1カー「1-1-1」のオークションが先月行われ、落札価格が11万ドル越え(1100万円以上)という結果はF1ブランドの強さを世間に印象付かせました。

F1®Delta Time公式サイト: 1-1-1
F1®Delta Time公式サイト: 1-1-1

そして先週19日から22日にかけて、今年で90年目を迎えたモナコ・グランプリを祝したNFTトークンのF1カー「モナコ・エディション 2019」がオークションにかけられました。

モナコ・エディション2019
モナコ・エディション2019

2回目のオークションの結果は終了30分前にSteve321氏が付けた108ETH、32000ドル越え(32808.24ドル、2019.06.24 12:30時点)で350万円以上の落札価格となりました。

モナコ・エディション2019の落札データ(公式より)
モナコ・エディション2019の落札データ(公式より)

今回は初物ではないこと、1回目の「1-1-1」ほどスペックが高いわけではないこともあってか10万ドル代の大台越えとはいきませんでした。
それでもリリース前のゲーム内アイテムに300万円以上の値が付くという、あらためてF1ブランドの強さを感じます。

[参考]
・F1® Delta Time Monaco Edition 2019 Auction:https://www.f1deltatime.com/market/
・F1® Delta Time:https://www.f1deltatime.com/?lang=ja
・Animoca Brands:https://www.animocabrands.com

Close Menu