イーサリアムのハードフォーク、テスト中にエラー

数回に分けて大型アップデートが予定されているイーサリアムの3つめのメトロポリス。前後半に分かれており、前半のビザンチウムは2017年10月に完了していましたが、今回後半の「コンスタンティノープル」が行われる予定でした。

しかし問題が見つかったため試験のリリースに遅れが生じました。

■開発メンバーのPeter Szilagyi氏のツイート

※訳:脆弱性の修正してから423万ブロックでテストを実施します

当初15日を予定していた試験の実施が早まり13日にテストネットRopstenにて行われましたが、問題が発生してしまい14日の時点でテストネットRopstenが使用できない状態になってしまっていた事が判明しました。これを受けて、イーサリアム開発者のAfri Schoedon氏は「2018年内にコンスタンティノープルの実施はない」と発言しています。

Ropstenの使用不可状態と、別のテストネットを使うようにツイッターで発表した「Infura」ですが、16日現在新しいツイートは行われていません。19日にはイーサリアムの開発者会議があるとの事なので、今後の動向が注目されています。

Close Menu