イーサリアム上で定期振込を可能にするスマートコントラクトアプリ「Sablier」

イーサリアムの開発者で、イーサリアムの匿名送信を開発するAZTEC protocolに在籍するポール・バーグ(Paul Berg)氏が、定期的な振込を可能にするスマートコントラクトアプリケーション「SablierApp」を発表した。

イーサリアム上で動作する分散型アプリケーション(Dapps)である「SablierApp」は、定期的な支払いを予約するシンプルなアプリケーションで、支払いを行う資金の設定と、払い込み金額や日時の指定を行うだけで自動で振り込みが実行される。

このアプリは毎月発生する家賃や定期支払などを想定して作成されており、毎月の給与払いなどでも利用できるという。振込予約は支払いが実行される直前まで、いつでもキャンセルすることができる。

ERC-1620規格の作成者でもありイーサリアム開発でも実績のあるポール・バーグ(Paul Berg)氏が、利用用途に則した機能をリリースしたことから各方面から評判もよく話題になっている。

AZTEC protocolとは
イーサリアムのトランザクションにプライバシー機能を付加するプロトコルで、匿名技術で有名なゼロ知識証明を応用している。イーサリアムの共同創設者で、ConsenSysのCEOであるJoseph Lubin氏もアドバイザーとして参加しているAZTEC protocolは、すでにメインネット上で稼働している。

イーサリアム上のプライバシーに関しては市場からのニーズも多く、イーサリアムのビタリク氏が最近になって匿名化の提案を行った他、様々な開発企業がイーサリアムに匿名化を付加するアプリケーションをリリースしている背景がある。

イーサリアムのトランザクションは10万目前

2019年4月から始まった仮想通貨全体の価格上昇と共に、イーサリアムのトランザクション数も上昇傾向にあり、6月に入ってからは9万トランザクションを超えた。これは2018年5月以来、約1年ぶりのトランザクション数となっている。

今回のSablierアプリのようにスマートコントラクトで構成される多種多様なツールもリリースされており、イーサリアムの浸透がますます進んでいる。

Close Menu