イーサリアムの大型アップデート「コンスタンティノープル」は708万ブロックで実施

先日テストネットで試験中にエラーが発生し延期となっていた大型アップデートの「コンスタンティノープル」の実施を、708万ブロックで行う事にイーサリアムの開発者会議で確定されました。現在の状況から708万ブロックに達するのは、大方の予想では1月16日前後とされています。

アップデート内容

コンスタンティノープルの実施が成功した場合、以下の5つのアップデートが導入される予定です。

EIP145:EVM(Ethereum Virtual Machine)のビット単位シフト命令
EIP1014:スキニークリエイト2(ステートチャンネルとオフチェーントランザクションに基づいたスケーリングの実装)
EIP1052:コントラクトコードのkeccak256 ハッシュ値を返す新しいオペコード
EIP1283:過剰なガス費用を削減
EIP1234:ディフィカルティボムの調整とブロック報酬の調整

なお、ASIC対策の「ProgPoW」を含めるかどうかに関しては未定だそうです。

Close Menu