FortniteやUnreal Engineで有名なEpic Gamesがブロックチェーンゲーム配信プラットフォーム The Abyssとパートナー契約を締結

theabyss x epicgames

大ヒット映画シリーズ「ジョンウィック」と現在コラボ中のバトルロイヤルゲームFortniteや、有力ゲームエンジンUnreal Engineを提供しているEpic Games。
そのEpic Gamesと、ブロックチェーンゲーム配信プラットフォーム The Abyssがパートナー契約を締結しました。

The Abyss Medium:The Abyss Gets Unreal
The Abyss Medium:The Abyss Gets Unreal

The Abyssは2018年に天才ヴィタリック・ブテリンが考案したICOモデルDAICOによって1500万ドルの資金調達を達成し、今年3月にサービス開始したばかりの新興ゲーム配信プラットフォームです。
ゲーム配信プラットフォームとしてThe Abyssは、イーサリアムベースのブロックチェーン技術を使いゲーム開発者とゲームプレイヤーに収益を分配するシステムを持ち、Steamなどの他のゲーム配信プラットフォームと一線を画す特徴を有しています。

THE ABYSS公式サイト
THE ABYSS公式サイト

今回のパートナー契約によりThe Abyssでゲームを配信する開発者は新規、既存を問わずUnreal Engine 4(UE4)ライセンス、Unreal Developer Network(UDN)へのアクセス、無料のメンテナンス、テクニカルサポート、マーケティングサポートなどのUE4テクノロジの使用に関して魅力的なサポートを得る事が出来るとの事です。

Epic Gamesのゲームライセンス担当責任者であるMike Gamble氏は、今回のパートナー契約について「The Abyssプラットフォーム上でUnreal Engine開発者およびパブリッシャーに追加のリソースを提供することを選択したことを大変喜ばしく思います。UE4は何億ものプレーヤー、大規模なゲームを成功させるために不可欠なグローバルコミュニティとの連携と最高のサポートを提供しています。」とコメントしています。

Mike Gamble氏(UnrealFestEuropeの氏のプロフィールより)
Mike Gamble氏(UnrealFestEuropeの氏のプロフィールより)

そしてThe Abyssの創設者Konstantin Boyko-Romanovsky氏は、「私たちはUE4開発者へ、更なる高品質ゲームの開発を支援する強力なプログラムとツールを提供するこの強力なプログラムを開始します。私たちのモデルはゲームとデジタル配信の未来であると強く信じています。 Unreal Engineの新しいプラットフォームへの今回のサポートを歓迎します。」とコメントしています。

Konstantin Boyko-Romanovsky氏(The Abyss Facebookより)
Konstantin Boyko-Romanovsky氏(The Abyss Facebookより)

なおEpic Gamesは自身のゲーム配信プラットフォームEpic Games Storeを運営していますし、Epic Gamesの親会社であるテンセントは今年4月に自身が中国で運営している巨大ゲームストア「WeGame」を「WeGame X」として海外展開を開始しました。

今回のパートナー契約がこれらのゲームストアに対してどう影響していくのか、また以前話題になったFortniteへの仮想通貨支払い導入未遂のニュースからも今後のEpic Gamesの動向には注目です。
[参考]
・The Abyss Medium May 23:The Abyss Gets Unreal
・The Abyss:https://www.theabyss.com/ja
・Epic Games:https://www.epicgames.com/site/ja/home?lang=ja
・WeGame X:https://www.wegamex.com.hk/

Close Menu