EOSプラットフォームのDAppsゲーム「BLUEDAWN」

DAppsと言うとイーサリアムプラットフォームで作られた物が多く、良く目にするDAppsは大体イーサリアムプラットフォームで作られていますが、韓国や中国ではEOSプラットフォームのDApps開発も盛んに行われています。そんなEOSプラットフォームで開発中のスマートフォン向けDAppsゲームをご紹介します。

BLUEDAWN

「BLUEDAWN」はITAM Networkが開発を行っているEOSプラットフォームのDAppsゲームです。

紹介動画を見ると、よくあるトークンを集めて取引するようなタイプではなく、かなり本格的なゲームであることがわかります。ゲームは、ユーティリティアプリやウォレットなど様々なDAppsを管理することができるITAMストアというアプリケーション上で提供され、取引などもすべてITAMストア上で行えるようです。ウォレットやマーケットプレイスなど別れている煩雑な環境に比べると、一つのアプリですべて出来てしまえばユーザーとしては使い勝手が良く、DAppsと言えどストレス無く遊べると思われます。

手数料が無料のEOSプラットフォーム

イーサリアムプラットフォームでオンチェーンの取引が発生する場合、必ずガス(手数料)が必要となりますが、EOSプラットフォームではガス代が無料です。イーサリアム系DAppsも、必要な部分のみオンチェーンを使い、オフチェーンでもいい部分を作ることで手数料が安く済むような仕組みを取り入れているDAppsも増えて来ましたが、この取引手数料に関してはそもそも無料というところがEOSプラットフォームの強みでもあります。特にトレードで儲ける事が前提のアプリでは無くゲームに力を入れたアプリにとっては、度々取られる手数料は煩わしさ満点です。
EOSのブロックチェーンはゲームに特化したものというわけではありませんが、手数料や処理速度などの点からゲームのベースとしては合っている気がします。

現在のところ、ゲーム内容やリリース日についての詳細は発表されていませんが、正式リリースは来年の夏頃との事なので、気になる方はぜひ情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Close Menu