エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスがトークンの定義標準化へコンソーシアムを発足、JPモルガン マイクロソフト ConsenSys インテル IBMなど連携

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

イーサリアムの企業向け相互運用の促進を目指す「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)※1」は4月17日、トークンのビジネスユースケースを拡げるため、トークンの分類と用語などの定義に関して複数の企業と連携したコンソーシアムを発足、主導していくと発表した。

現在、トークンは世界経済に混乱をもたらし、各々の独自の思想の下で様々な実装と分類法が存在しているが、異なるシステム間の相互運用について共通して議論説明できる場が存在しないとし、共通の仕様が確立せず実用化の妨げになっているとしている。

コンソーシアムの使命は、ビジネスなどのユースケース、トークンの分類法と用語および仕様を含む、トークンの概念の明確な定義と範囲を確立すること。

EEA理事会メンバーでマイクロソフトのMarley Greyが、Token Taxonomy Initiativeの議長を務め。主要メンバーに、アクセンチュア、サンタンデール銀行、ブロックチェーン研究所、クリアマティックス、ConsenSys、デジタルアセット、EY、IBM、ING、インテル、JPモルガン、コムゴ、マイクロソフト、R3、およびWeb3ラボが名を連ねる。

Token Taxonomy Initiativeは、実際の顧客ユースケースと要件に基づいて、下記のような共通のトークンセットと制御機能を作成するための重要な定義範囲を確立する。

  • Clearly define a token in non-technical and cross-industry terms
    技術外の用語や業界をまたいだ用語として整え、トークンを明確に定義する
  • Establish a common set of terms and definitions for use by business and technical participants
    ビジネス参加者および技術参加者が使用するための共通の用語と定義を確立する
  • Create a Token Taxonomy Framework (TTF) that is simple to understand; educate and collaborate with structured Token Definition Workshops (TDW) to define new or existing tokens
    わかりやすいトークン分類の枠組み(TTF)を作成します。新規または既存のトークンを定義するための、構造化されたトークン定義ワークショップ(TDW)の教育および共同作業のため
  • Define meta-data using the TTF syntax and grammar to be able to generate visual representations, such as a token hierarchy or token design in tools that understand the taxonomy and be extensible for mapping TTF definitions to token solutions, implementations or source code for any platform
    分類法を理解し、TTF定義をトークンソリューション、実装、または任意のプラットフォームのソースコードにマッピングするために拡張可能なツールでのトークン階層またはトークンデザインなどの視覚的表現を生成できるようにTTF構文および文法を使用してメタデータを定義する

※1
エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(Enterprise Ethereum Alliance/EEA)とは、オープンソースなブロックチェーンを企業向けプロトコルとして標準化、フレームワークの共通化による相互運用性を高めスタンダードとしていく目的で2017年2月に設立された標準化団体。現在、世界中の大手企業など300を超える企業がメンバーとなっている。

[参考:]
Enterprise Ethereum Alliance Launches Blockchain-Neutral Token Taxonomy Initiative to Accelerate a Token-Powered Blockchain Future(英文)

Close Menu