ゲームにブロックチェーンは必要か

DAppsゲームについてポジティブな記事は結構見るので、今回のざっくりはそこそこゲーム好きな筆者が、ネガティブな観点からブロックチェーンを用いたゲームをざっくり考えてみようと思います。

本当に管理者いなくて大丈夫?

今までのオンラインゲームでは、開発チームの兼任だったり専用の運営チームだったりが存在していて、ゲームのアップデートやメンテナンス、トラブル対応等を行っています。
もし管理者を一切おかずブロックチェーンのみに頼った場合、ゲームのリリース後は追加や変更を加える事ができないためゲームのアップデートが行われません。また改ざんされにくいとは言え、開発の不備であったり既知の問題をついた攻撃等による不正行為の可能性は0%ではなく、管理者のいないシステムでは防ぐことができません。

※普通のオンラインゲームにおいて運営がちゃんと機能している、という仮定の上での話です

タダじゃ無いんですか?

日本における昨今のオンラインゲームやソーシャルゲームは、「基本無料」で十分遊べる内容のコンテンツが盛り込まれていたりします。もちろん携帯回線で遊んだりした際の通信料やガチャ等の有料コンテンツもあったりしますが、”プレイする”という点で言えば無料で遊ぶことができます。
DAppsゲームはどうでしょうか。ブロックチェーンはデータを書き込んだりする際に、「手数料」がかかります。それはゲームでも同じで、ブロックチェーン上にデータを記録するようなやり取りが発生すると、手数料として仮想通貨が徴収されてしまいます。最近だと、EOSプラットフォームであれば手数料が無料で使えたりもしますが、Ethereum等その他のプラットフォームのゲームでは手数料が発生します。

ゲームを始めるまでの準備が面倒

パソコンでオンラインゲームをする場合、会員登録とゲームクライアントのダウンロード、インストールを済ませれば、ログインしてゲームを始める事が可能です。DAppsゲームの場合は、まずブロックチェーンのプラットフォームに合わせたウォレットを用意し、仮想通貨取引所等に自分のアカウントを作って必要な仮想通貨を購入し、自分のウォレットに送金する必要があります。普通のオンラインゲームに比べると、最初に登録しなければならないものや前準備が多く煩わしさを感じる人もいるでしょう。
スマホでサクっとダウンロードしたり、簡易的な登録ですぐ遊べてしまうブラウザゲームが溢れている中で、開始するまでにかなり手間がかかってしまうという点はかなりネガティブなポイントと言えるでしょう。

課題は山積み?DAppsゲーム

ゲームの内容うんぬんよりも、仮想通貨・ブロックチェーンで作られている事が重要と言わんばかりの現在のDAppsゲーム。まだまだ仮想通貨色が強すぎて一般化するには程遠いとさえ思えるDAppsゲーム。分散化システムによってサーバーダウンがないと言いつつも、ゲームの場合すべてのデータをブロックチェーン上に載せることが難しいため結局何かしらのサーバーが必要だったり、ゲーム内通貨の部分だけが仮想通貨になっていたりと、わざわざDAppsにする必要あるの?と思わず言ってしまいそうになります。

現時点ではゲームとしてはまだまだなDAppsゲームですが、技術の世界は日進月歩。次々と新しいトークン規格やブロックチェーンのプラットフォームが生まれています。今はまだ絵空事であるような話も、数カ月後には実現している可能性だってゼロではありません。真にゲームサーバーも手数料も不要になり、ゲームを始める手間も少なくなって、仮想通貨やブロックチェーンを使っている事をあまり意識せずにプレイできるようになる日はきっと来るでしょう。
そんな未来に期待しつつ、今は猫でも愛でていようと思います。

Close Menu