次世代ゲーム?DAppsゲーム! ~ざっくり解説~

DAppsとはなんぞや

「DApps」という言葉を聞いたことはありますか?
Decentralized Applications(分散型アプリケーション)の略で、最近はゲームも多く作られていて話題になっています。ざっくりといえば、DAppsとはサーバーに依存しないブロックチェーンを使ったアプリ、です。

何がどう次世代なのかと言うと、今までのゲームは統括するサーバーが存在し、アイテムの管理やらユーザーの管理やらありとあらゆることを担っていて、ユーザーのアイテムや所持金、キャラクター等の資産は運営会社に貸与、管理されていましたが、DAppsではそれらの資産がブロックチェーン上にあるため、ユーザー自身に所有権があります。運営のサーバーで管理されていると、何らかの理由でサーバーが壊れてしまったりサービスが停止・終了してしまった際、返金されたりすることもありますが基本的に資産はそこで消えてしまいます。しかし、DAppsゲームで得たアイテム等に関してはブロックチェーンによって記録されているので終了即消滅ということはありません。

※但し、1万円で買ったアイテムがサービス終了後に1万円で売れると言うことではありません

DAppsゲームを始めるには何が必要か

現在世の中にあるDAppsゲームの殆どは、Ethereumプラットフォームで提供されていると言っても問題ないレベルで、その他の仮想通貨プラットフォームから出ているDAppsゲームはごくわずかです。そのため、とりあえずDAppsゲームをやろう、という場合はイーサリアム対応ウォレット「MetaMask(メタマスク)」を用意しておけば良いでしょう。

※メタマスクの導入方法等に関してはこちらの記事で確認してみてください。

またEthereumプラットフォームのDAppsゲームで遊ぶ際は、随所でイーサ(ETH)が必要になってきますので、取引所等でイーサを購入しメタマスクに移しておきましょう。必要になる理由については後ほど。なお、現在DAppsゲームの多くはブラウザゲームでスマホの普通のブラウザでは遊ぶことができませんが、Mobile DApps Browserをインストールする事でスマホでも遊ぶことができます。

DAppsゲームは無料ではない?

基本無料のゲームが溢れている世の中で、DAppsゲームは無料でできるのか、と考えている人もいることでしょう。DAppsゲームは前述の通りブロックチェーンの技術を使ったものであるため、何か行動を起こした際にブロックチェーン上に記録されますが、イーサリアムプラットフォーム上ではブロックチェーン上に情報を記録する際にGas(ガス、燃料)という手数料が必要になります。

例えば、あるゲームでキャラクター(トークン)を無料で貰えるとします。ただそのキャラクターを眺めているだけでは特になにも起きませんが、キャラクターを使ってバトルに参加したり成長させたり、誰かと取引をしようとすると、その情報をブロックチェーン上に記録しなければなりません。つまり、ブロックチェーン上に反映させるためには無料で配布されたキャラクターであっても手数料が必要になってしまい、完全無料では遊ぶことができない、ということになります。

ブロックチェーンに情報が追加される時、なぜ手数料が必要になってしまうのでしょうか。
記録される情報は「マイナー」と呼ばれる人たちによってその情報の整合性のチェックが行われ、承認されることで記録が完了します。マイナーたちは整合性チェック(マイニング)に成功することで報酬を受取っています。その報酬は取引時等に徴収される手数料(Gas)で支払われます。つまり、手数料を支払うことでブロックチェーンに記録する作業を行ってもらっている、というわけです。
ちなみにマイニングは順番に選ばれていくわけではなく、Gasが高く設定されている(報酬が多い)取引からマイナーに選ばれ処理されていきます。そのため、格安手数料を設定した場合等、いつまでたっても処理してもらえなかったり、Gas不足で処理が中断されたりと、ゲームが進行しなくなってしまう可能性があるのです。そういった事を防ぎ、ゲームを快適に進行させるためにはそれなりのGasが不可欠ということになります。

DAppsゲームを遊ぶためには、Gasと呼ばれる手数料が必要になる、ということを覚えておきましょう。

※最近のGAS代は日本円換算で大体一桁円程度、ものすごく高騰した際でも200円程度

DAppsゲームを遊ぶ目的

すでに様々なDAppsゲームがありますが、今の所DAppsゲームは大体、クリプトキティーズに代表されるように、レアなアイテム(キャラクター)をゲットして売るといった形を取っているものが殆どのように思われます。つまりざっくり言えばお金儲けのゲーム、と言えるでしょう。ただこれはあくまでも「現時点」での話で、国産DAppsゲームも少しずつリリースされており、今後ゲームの方向性が変わっていく可能性はあります。

現在のDAppsゲームの方向では、ゲーム機やソーシャルゲーム等数多くのゲームが存在しゲームを選ぶ眼が厳しい?日本ではあまりウケないと思われます。ゲーム自体がしっかり面白く、ついでにお小遣い稼ぎができるかも、といった方向性のゲームが出てくれば…仮想通貨自体がもう少し浸透してくれば…日本でもDAppsゲームが当たり前になる日がくるかもしれませんね。

Close Menu