クオリティの高いDappsGame「BitGolf」がプレセール開催中

  • 公開日:
  • 更新日:

DApps Gameとは言ったものの、トークン化したキャラクターやアイテムを集めて取引をして儲ける、そんなDAppsばかり目にする昨今、実にゲームらしい、いや販売されていても不思議ではないクオリティのDAppsゴルフゲームが現在プレセールを開催中(12月7日まで)です。

BitGolfとは

※ホワイトペーパーより抜粋
「BitGolf」は、世界初のフル3Dブロックチェーンベースのスポーツゲームです。プレイヤー同士でゴルフ試合を行い勝敗を分ける仮想スポーツであり、BitcoinとEthereumなどCryptocurrenciesのBlockchain技術をベースにインゲーム財貨やアイテムの取引を行うことができます。

BitGolfはブロックチェーンと暗号貨幣技術を活用したゲームサービスプラットフォームで提供され、プレイヤーが自分のゲーム内の資産の所有、販売、移転などの処分する行為がより簡単で、投資の結果をプレイヤーに提供することで、より改善されたゲーム体験を目指しております。

主な特徴としては、ガス代が不要で、実行速度を改善し、取引速度が迅速に行われるだけではなく、ゲームの資産がブロックチェーンに保存されて、これを基に資産の所有権がユーザーに還元されるので、自由そして安全な取引ができます。

このゲームは、韓国発のオンラインゴルフゲームで日本でも人気の高かった「スカッとゴルフ パンヤ」関係の方も参加しているらしく、キャラクターの動きもモーションキャプチャーで作成するなど結構気合の入ったゲームのようです。

ゲームの仕様や操作方法などの詳細については、まだ公式サイトに掲載されていないため分かりませんが、プロモーション映像を見る限りではかなり本格的なゴルフゲームではないかと思われます。ちなみにプレセールで販売されているゴルフクラブや衣装に関してはパラメータが付いているものになっているとの事で、ショットの威力やクセ等プレイ時に影響がありそうですね。

プレイするには登録が必要

BitGolf公式サイトを開くと右上に「VXウォレット」と書かれていますが、これがゲームのプレイ、プレセール、エアドロップ全てに関わってくるもので、必ず登録が必要になります。プレセールの価格表示は『GLF』と書かれていますが、このVXウォレットにBTCまたはETHを送金すると自動でGLFに両替されるようです。

ベータサービスが12月上旬、グローバルサービスが12月末となっていますが、サービス開始時に無料で利用できるゴルフクラブ等があるかは分かっていないので、プレイされる方は予めBTCやETHをVXウォレットに送金できる準備をしておいた方が良いかもしれません。ただ、DApps利用の際に必ずと言っていいほど出てくる「ガス代」。儲かっているわけでもなにか得をする経験をしたわけでもないのに請求されるガス代は、DAppsの普及を遅らせる原因の一つでもありますが、なんとBitGolfではかからないそうです。これはとても助かりますね。

本格的なゲームと言えるDAppsの登場

3DゲームのDAppsはチラホラ見るものの、ここまで本格的なスポーツゲームの登場は初めてでは無いでしょうか。これはあくまでも個人的な見解ですが、今までのDAppsゲームは仮想通貨をゲームっぽくしてみたという感じで何か違う雰囲気が強かったですが、このBitGolfは専用ウォレットへの入金以外の部分は普通にオンラインゴルフゲームを遊んでいる感覚で違和感が無さそうです。DAppsと言えどゲームを名乗っている以上は純粋にゲームが楽しめるコンテンツであって欲しいですし、国内ではちゃんとゲームしていないとヒットしないでしょう。

今後はトークン売買が主目的ではない、同じようなライバルも増えて来ると思いますので、「ゲーム主体のDApps」、注目していきたいと思います。

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu