Cryptopiaが読み取り専用サイトをオープン

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

ハッキング被害を受け、サービスを停止していたCryptopiaが、パスワードと2FA(2段階認証)のリセットができる読み取り専用サイトをオープンしました。

現在、サイト上には、ハッキング前の2019年1月14日の残高が表示されており、これをベースラインとしてリベートを計算するとしています。

多くのマイナーコインを扱うことで有名なCryptopiaは、1月14日に重大な損失をもたらすセキュリティ被害を受けたとして、停止していましたが、約1か月半ぶりの再開になります。
被害額の詳細は明かしていませんが、総保有の約9.4%が盗まれたとツイートしています。

関連ワード:Cryptopiaハッキング
Close Menu