仮想通貨&ブロックチェーン投資が熱いオハイオ州

  • 公開日:
  • 更新日:

ブロックチェーンに関するニュースが日々数多く世界を駆け巡っています。そんな数あるブロックチェーンニュースの中から厳選した記事について独自の視点で斬り込む「ブロックチェーンNEWS斬り」。ナビゲーターはこの二人。

「仮想通貨川柳2018」ただいま絶賛大募集中です!
“ブロックチェーンおじさん”ことミトミツです。
仮想通貨市場が再び下落しています。大丈夫でしょうか?
仕事きっちり“トークンレディー”のミトミザワです。

本日取り上げたブロックチェーンNEWSはこちら。

ビットコイン納税構想を発表したオハイオ州 仮想通貨・ブロックチェーンへの投資熱高まる

米国中西部オハイオ州の複数のファンドが、21年までにブロックチェーンスタートアップに3億ドルを出資するようだ。Cleveland.comが関係者の話として3日に報じた。….

米国のオハイオ州ではブロックチェーン関連のスタートアップや団体向けに1億ドル(準備完了)、2億ドル(検討中)、6億ドル(出資希望)という巨額マネーが続々と投入されようとしています。
いやはや、やけに盛り上がってますねー。まさにオハイオ州は、
ブロックチェーン投資の宝石箱や~

例えがよくわかりませんが、ものすごい投資の嵐です。
嵐を~、起~こして~、す~べてを~、壊すの♪
チャラ♪チャラ♪チャラ♪
静かにしてください。またオハイオ州は先日ビットコインによる納税構想も発表しています。

ビットコインで納税?う~む、いまいちピンとこないのですが、何かメリットあるんですかね?受け取る側も大変な気がします。
一部の政治家たちからは、“ハイテク環境のオハイオ州”というアピール強化につながるとの声が上がっています。また、ジョン・ハステッド次期副知事の見解では「効率を生み出し、コストを削減できる」とのことです。
コスト削減につながります?ボラティリティの高いビットコインですから、価格が暴落でもしたら想定していた税収を確保できない恐れもあります。政治家の発言からもいわゆる宣伝の道具として、ビットコイン納税やブロックチェーンスタートアップへの投資をおこなっているようにしか見えません。
確かに。ジョン・ハステッド次期副知事はこうも言っています。
「誰もが目を向ける中西部の州になりたい」と。
はい、アウト~!これはもう完全に黒ですね。そういうこと言うなら私もこの際だからハッキリ言わせてもらいますよ!
あ、はい、どうぞ。
「誰にも見向きもされない中年おじさんにはなりたくない」
私的な発言は控えてください。もうやめさせてもらいます。「ブロックチェーンNEWS斬り」次回、“負けるなブロックチェーンおじさん”でお会いしましょう。

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu