東京大学が行う医療画像流通システムにブロックチェーン技術を応用か|開発企業クリプタクトが参加

ブロックチェーン技術を使ったシステム構築や仮想通貨の管理プラットフォームを手掛ける株式会社クリプタクトが、東京大学医学部附属病院脳神経外科の金太一助教らによって進められている「ICT活用による医療画像データ流通システムの構築」に参加すると発表した。

このプロジェクトでシステムネットワークの構築やブロックチェーンを活用したデータ流通について、クリプタクトが担当するとしている。

プレスリリースより

データ不足が発展への大きな妨げ

医療用のAIが注目を浴びる中、業界ではデータ不足が大きな壁となっている。特に日本においては、貴重な医療データは医療機関しか持つことが難しく、簡単に医療データを分析することが不可能だった。

このような課題を解決するため、疾患の正確な医療データを市場流通させるシステム開発に向け、産学連携した実証実験を行うという。このプロジェクトでは個人情報の取り扱いを重視しながら情報管理を適切に行い、データ分析を行う医療AI企業にデータ提供を行う仕組みを構築する。またブロックチェーン技術を使い、医療画像データの流通市場の検証も行っていく。

プロジェクトを進める研究開発代表の金太一氏は以下のように発表している。

東京大学医学部附属病院脳神経外科 金太一氏
医療にとって個人情報を保護することは極めて重要であり、必須の条件です。しかし、セキュリティに関する過度な警戒感から、あらゆるデータが明確な理由もなく、そのリスクも検討されず病院に秘匿され続けています。事実、データ市場が急成長している昨今で、医療データ市場に関しては成長率が低下しているどころかマイナスの成長になりつつあるといわれています。ビッグデータは質よりも量を追求するあまり、AIの出力結果の質が低下しており、深刻な課題になっています。つまりインターネット上で一般に公開されているようなデータでは社会に変革を起こすことはできません。今社会に必要とされているのは価値あるデータです。医用画像データはその最たるものと言われています。

通貨がそうであるように、価値あるものは世に出て流通することによって初めてその真価を発揮します。

東大とCRYPTACTは、ICTやブロックチェーンなどのセキュリティ技術を駆使して、守るべきものはしっかり守り、個人情報やプライバシーに関する安全性を確立した上で、自分自身や社会へ有用な情報を還元することを目指します。特定分野の技術が高度に細分化されるに従って、逆にその応用範囲が先細りしていく現状において、異分野間の橋渡し技術が必要とされています。医療分野の東大病院と仮想通貨分野のCRYPTACTが協力し、培ってきた技術とノウハウを最大限に活かして、これまで困難とされていた医用情報の安全な運用を目指します。我々はこれまでにない画期的なシステムを構築し、データ流通市場にパラダイムシフトを起こすでしょう。

参考:CRYPTACT/東京大学医学部附属病院による『医療画像データ流通システム構築』プロジェクトへの参画のお知らせ

Close Menu