MetaMask(メタマスク)のウォレット作成

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI
MetaMask(メタマスク)のウォレット作成

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアムプラットフォームのトークンを購入したり送金することができるウォレットです。セキュリティも高く、ブラウザの拡張機能(プラグイン)で簡単にインストールして利用できることが特徴です。また、DAppsゲームなどでもインストールしていないと、遊べない場合があるので、インストールして利用できるようにしておきましょう。

記事投稿時にMetaMask(メタマスク)を利用できるブラウザは、Chrome、FireFox、OperaとBrave browserです。iPhoneやiPadなどで利用するsafariには対応していません。

この記事では、Chromeの拡張機能としてMetaMask(メタマスク)をインストールしてウォレットを作成するところまでを解説します。

拡張機能(プラグイン)をインストール

MetaMask(メタマスク)を拡張機能としてインストールします。

MetaMask(メタマスク)の公式サイト

公式サイトの「GET CHROME EXTENSION」をクリックしてChromeウェブストアの拡張機能(プラグイン)を表示します。リンクは公式サイトなどの信用できるところからクリックしましょう。偽のリンクで偽のプラグインをインストールさせられたりする可能性もあるので注意が必要です。
MetaMask(メタマスク)のサイト

右上にある「CHROMEに追加」をクリックします。
MetaMask(メタマスク)の拡張機能

追加するかどうかの確認画面が表示されるので「拡張機能を追加」をクリックします。インストールが完了するまで時間がかかる場合があるので気長に待ちましょう。
MetaMask(メタマスク)の拡張機能をインストール

ログイン

インストールが完了したら、ブラウザーの右上にキツネのアイコンが表示されるのでクリックすると、プライバシー通知が表示されます。書かれている内容を確認したら「Accept」をクリックします。
MetaMask(メタマスク)βソフトウェアということを許可

ちなみに、書かれている内容は下記のようなことです。

あなたがMetaMaskにログインすると、あなたの現在のアカウントアドレスは、あなたが訪問するすべてのサイトに見えてしまいます。 このアカウントアドレス使用して、Etherと他のトークンのアカウント残高を調べることができます。
あなたのプライバシーのために、今のところ、MetaMaskを使い終わったら、サインアウトしてください。

ここに書かれているように、MetaMask(メタマスク)の利用が終わったらサインアウトしておきましょう。ログインしたまま、ネットサーフィンしないように注意が必要です。

次に利用規約やプライバシーポリシーが表示されます。画面をスクロールして下までいくと「Accept」ボタンが有効になるのでクリックして同意します。
MetaMask(メタマスク)の利用規約などを許可

パスワードを8文字以上で設定して「CREATE」をクリックします。
MetaMask(メタマスク)のパスワードを設定して作成

続いて、12個の単語が書かれた画面が表示されます。これは、MetaMask(メタマスク)のアカウントをリストアする時に使用します。文字をすべて選択してどこかにメモしておきましょう。「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックすると12個の単語がかかれたファイルがダウンロードされるのでどこかに大切に保管しましょう。
メモが終わったら「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリックします。
MetaMask(メタマスク)の秘密ワードをメモ

下記のような画面が表示されれば、MetaMask(メタマスク)のウォレット作成完了です。
MetaMask(メタマスク)のウォレット作成完了

Close Menu