マネックスG傘下コインチェックの金融庁への仮想通貨交換業登録はいつ頃?11月~年内の可能性は?

  • 公開日:
  • 更新日:
マネックスG傘下コインチェックの金融庁への仮想通貨交換業登録はいつ頃?11月~年内の可能性は?

マネーの犬。今回は『マネックスグループに買収されたコインチェックの、金融庁への仮想通貨交換業登録はいつ頃?8月の全面再開の可能性は?』の続きを考えてみたいと思う。アクセスが来てるってことで、みんな気にはしてるのかな?
結局コインチェックは登録認可を待たず、新規口座開設再開や一部入出金再開だけ来たわけだけど。

8月はさすがに無理だったね…。まぁ、10月情勢待ちの年内予測しておいて、結論が8月出てコイヤー!(要望)だったけど。もし最後の無茶振りに乗っかってたらと思うと背筋が凍り付く思いだね。

まさか翌9月にテックビューロ運営のZaifから流出するとはね…。もし8月に金融庁が頑張っちゃってたら地獄絵図だったね。。。いやまぁ…絶対無い、でっかい釣り針だったけど。

ところで、登録認可待たずに再開できるんだね。

受けてたのは業務改善命令であって、別に業務停止命令を受けてたわけじゃないしね。巨額流出を起こしたといっても、止めたのは内部的なガバナンス判断としての話が大部分だし。消費者保護の名目や金融庁の意向をある程度押し返せば、6月再開だって可能だったと思う。実際テックビューロ運営のZaifは結構やらかしてたのに最後まで何も止めなかったしね。

待ち損したってこと?

この辺はマネックスGの東証一部上場企業としてのガバナンスと、世間の空気がだいぶ足を引っ張ったと思うけど仕方ないことだし。買収の打算はあったにしろ、むしろよくここまで耐えたと褒めてあげたい気もする。コインチェックにはぜひ第三四半期での回復を感じられるような早期黒字化を実現して欲しいね。
第二四半期の決算発表が、例年より数日遅らせて29日の翌月曜だったり、業績への影響見通しも含めての10月調整のギリギリの結果だったんだろうなぁ。

それで、11月の金融庁へのコインチェックの登録認可はありえるの?

ちょっと何とも言えない…。無い理由もあるし、有る理由もある。年明けはないと思いたいけど、金融庁がしばらく認可は出さなそうな空気と取れる対応を出してくると年明け論も現実味を帯びてくる。最良のペースで事が運んで12月26日までにどこか2~3社認可出すかもなぁくらい。認定団体になった日本仮想通貨交換業協会の動きも不協和音が見えるし。

歯切れ悪いね。どうして?

出回っている情報から読み取れる希望と、現実の過密スケジュールとのギャップがね。どっちとも取れるのばかりで。11月はさすがになさそうな感じだけど。電撃発表はあり得る下地は揃いつつあるんだよね。
少し最近の大きな動きを整理してみると以下な感じ。
・9/1:金融庁が登録審査の厳格化を公表(4月の厳格化アナウンスと8月のモニタリング報告を受けて)
・9/18:9/14にZaifから70億円相当の仮想通貨がハッキング流出が発覚
・10/10:コインチェックが審査継続中のツイート(だけ)
・10/中:G20、FATF報告で2019年中のFATF勧告へのアップデート方針
・10/中:金融庁関係筋、多くの申請してくる業者の書類不備やテンプレ記述など対応度の低さへ悩み
・10/24:金融庁が自主規制団体として日本仮想通貨交換業協会を認定
・10/24:金融庁が「仮想通貨交換業者の登録審査について」を公表。厳格化に念押し。
・10/29:日本仮想通貨交換業協会から「第二種会員の入会受付」が開始
・10/29:マネックスG、第二四半期決算発表、コインチェック赤字、連結で前年同期比13%減益
・10/30:コインチェック、新規登録や一部入出金取引など再開。認可待たず、みなし業者として。
・10/末:先行16社の仮想通貨交換業登録業者の既得権益化への懸念が金融庁関係筋より
・10/末~:各国の中央銀行・金融省庁などから仮想通貨に係る規制検討が活発化
・12/26:最後の金融庁登録の交換業者が出てから1年

まずね。登録って申請から登録までだいたい半年~1年掛かるって言われてる。8月時点だと申請は100社を超えていて審査厳格化で延びる一方。金融庁も審査の再開と継続は9月から予定してたと思うんだけど、9月に2度目でしかも金融庁登録業者のZaifからの仮想通貨流出事件から各社への再立入点検を実施で巻き戻りも考えられる。10月24日に「仮想通貨交換業者の登録審査について」を出してコインチェック事件後にした登録審査の厳格化も念押ししたし。3度目のさらに登録業者による流出はあり得ない追い込まれ具合でハードルばかり上がるよね。コインチェックは平成29年の改正資金決済法における特例措置対象みなし業者だったけど、ゴタゴタで今どのあたりなのかさっぱり伝わってこない。

結局10月30日にコインチェックは本体業績への影響の苦しさから認可待たずの一応の再開はしたし。その後も金融庁から認可の目処に関する情報が漏れ出てこない。すべり込みも11月残り3週間じゃきつそうだよね。
それどころか、再度の流出事件によるオウンゴールが責任問題として怖すぎてゴールできなそう…審査中のどこかの業者が誰から見てもきれいなゴールを決めないと許されない状況に陥っているけど、どこがゴールなのかも定かじゃないとか。もしそうなら来年ですね。

ただ、先行して認可された16社の既得権益化とかが問題視され始めてるから、金融庁としては17社目以降の登録を早くしたいはずなんだよね。ここ半月くらい金融庁は精力的に情報を出してるし、「仮想通貨交換業等に関する研究会」の開催頻度も多い。この辺の活発さが11月中に来る理由の最後の砦なんだけど、、、。常識的に考えて12月に持ち越すよね。審査を集中審議で推し進めても1か月で終わるとは思えないし。年内の動きは金融庁だけでなく各国とも協調路線としての具体的な検討に充てられるんじゃないかと。10月のG20、FATF報告以降の各国の動きが似てるし。

上のリストを見ると12月26日が最後の金融庁登録の交換業者が出てから1年なんだね。あ、だから12月26日が節目なのか。1年の間が空く空かないは空気に大分違いが出そう。

うん。「丸1年もしくは2018年に登録された業者はゼロ」が事実確定するのはインパクトあるワードだよね。

でも金融庁はあまり審査を効率的に実施できていないようなんだよね。申請業者の出してくる提出物の酷さに頭を悩ませてる。10月24日に「日本仮想通貨交換業協会を認定団体」にして同日「仮想通貨交換業者の登録審査について」を公表、翌週29日に日本仮想通貨交換業協会が申請・みなし業者とする「第二種会員の入会受付を開始」してる。協会事務局の運営費の捻出や実効力の発揮、影響力を固めるうえでも広く会員を募るのは当然だけど、第二種会員としてまとめる一連の流れは、協会が金融庁へ申請を希望する業者を事前に整理するフィルターの役割が期待されてるよね。

この自主規制団体によるフィルター機能がうまく働けば、金融庁は本来の仕事である法整備のための枠組み作りと仮想通貨交換業者の登録審査に集中できるよね。

上手くいくといいねー。
そもそもの疑問だけど、金融庁登録17社目(再開1社目)はコインチェックなの?

多分に政治的な推測だけど、ここでコインチェック外したら、大分業界へしこりが残るんじゃないかな?余程コインチェックが審査過程でやらかしてない限りは、コインチェック(マネックスG)をトップに持ってくると思う。というか、1社だけでなく、金融庁内で期限を切って、みんなのビットコインやLastRootsの他のみなし業者も含めた数社で登録を見込みたそう。角立たない感じに。

そっか~。確かにそうかもね。出し抜きとか審査また落ちたとか野次馬は喜びそうだけど関係筋の気分悪いかも。最悪対立を生みそう。で、11月にコインチェックの登録は来るって言う?

11月は難しいけど、だからこそ11月に出る!(要望)って感じで。お願いします!

えー。出川さん来ないのー。

(子犬よ、出川さん出すのやめてー)

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu