コインチェックが2017年のステラエアドロップに対応|ステラの国内取り扱い開始に伴い

国内の仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)は11月12日よりステラ(Stellar Lumens/XLM)の取り扱いを開始したが、その上場に伴い2年以上前の2017年6年にステラ財団(Stellar Development Foundation)から行われたエアドロップに対応することを発表した。

2017年6月当時コインチェックが配布を受けたXLMは約28,000,000XLMで、その当時の価格で約1億2000万円相当、現在価格では2億4000万円程度となる。

今回の配布はその時に条件となっていたビットコイン保有者を対象としており、現在もアカウントが利用できることが配布条件となっている。対象のアカウントは「取引アカウント」「貸仮想通貨アカウント」「決済アカウント」となる。

付与時期は2020年中

付与に関して生じた費用等を手数料として際引いた上で、2020年中の配布を予定している。今年中ではなく2020年中であるため、今回の発表から実際の付与までに時間がかかることが予想されている。

参考:エアドロップにより取得したXLMの付与について

Close Menu