8月30日、CMEのビットコイン先物決済日

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

今月30日は、CMEのビットコイン先物の決済日となっています。

8月23日までの平均出来高は、4289となっており7月の約半分程度で、20日時点の未決済建玉数(OI)は、4,485となっています。

CMEのCOTグラフでは、機関投資家(Asset Manager)のロングはショートよりやや多めとなっており、ポジション数自体は7月からやや増加傾向にあります。

出典:CME(Asset Manager)

一方、レバレッジファンド(Leveraged)は、ロングに比べショートが多めですが、ポジション数自体は7月から減少しています。6月や7月に見られたようなビットコインの今年の最高値を試すような大きな展開がなかったのもポジション数に影響しているかもしれません。

出典:CME(Leveraged Funds)

また、CMEは8月30日から、ビットコインとイーサリアムの価格指標にGeminiを加えることを発表しており、ビットコインの価格指標としては5番目、イーサリアムの価格指標としては7月に追加されたitBitにつぐ4番目の取引所となっています。

Close Menu