中国がブロックチェーン情報サービスに関する規制を発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

CAC(Cyberspace Administration of China/中国サイバースペースアドミニストレーション)は、10日に新しいブロックチェーン情報サービスに関する規制を発表しました。
昨年10月には草案が公開され、一般の人からのフィードバックを受け付けていました。新しい規制は、2019年2月15日に施行されます。

規制には、23の条項があり、ブロックチェーン情報サービスの定義、サービス提供者に関する項目、違反した場合の罰則などが記載されています。

それによると、ブロックチェーン情報サービスを、「ブロックチェーン技術またはシステムに基づくインターネットサイトおよびアプリケーションを介した公衆への情報サービスの提供」と定義しています。サービス提供者は、提供するサービスに関する情報を、国の関連機関に提供しなければいけません。また、身分証明書番号や携帯電話番号に基づいた利用者の本人確認を実施することなども盛り込まれています。

法律および行政規則に反する行為は禁止され、情報コンテンツのコピー、公開、および頒布なども禁止事項になっています。違反した場合は、最大3万元の罰金がかされ、犯罪に関わる場合は刑事事件として扱われます。

CACは、業界団体の自己規律強化や業界基準を確立し、健全で秩序のある発展を促進すると述べています。

参考:CAC

Close Menu