10月の消費増税に備えここだけは確認|キャッシュレス還元を受けるコツ

遂に10月から消費税が10%になる。100円買うと消費税10円、1000円買うと消費税100円、1万円買うと消費税1000円、これらの額面を見るとなかなかのインパクトだ。

10月をさかいに消費が落ち込むことを予想している政府は、消費を促す対策として「キャッシュレス・消費者還元制度」を10月から9ヵ月間限定で行う。この消費税を割り引く制度は消費税10%に対して最大5%の還元というかたちで行われる。しっかり実施内容を把握しておかないと、割引があるのに10%の税金を払うことになるのでポイントを把握してしっかりと税金割引を受けよう。

現金はダメ!必ずキャッシュレスで

「キャッシュレス・消費者還元制度」のタイトルからもわかるように、この制度の目的は増税に対する消費の活性化だけでない。世界各国に比べキャッシュレス化が遅れている日本だが、これを機会にキャッシュレス化も同時に進めようとしているのだ。

この還元制度を受けること一番大事な点、それは現金で払わない、ということになる。ポイント還元率に焦点を当ててしまうと各社のキャンペーンも絡み合い非常に複雑になっている。キャンペーン内容を把握しないまま小売店で消費する場面もあるだろう。だが還元を受けるコツとして一番大事なことは現金を使わないという点にある。

一番お得を探すのは上級編。まずはキャッシュレスのロゴを目印にしよう

ある商品を買う場合、どの店舗でどのキャッシュレス手段を使って決済すれば一番お得か?を探すのはかなり時間もかかるため上級編と言える。なぜそんなに複雑なのだろうか?

税金の割引だけならば、2%~最大5%までしかないからまだ分かりやすかった。だが、政府が行う今回の制度には、キャッシュレス決済を導入していない中小規模の店舗を中心にキャッシュレス化を進めたい思惑が含まれており、中小規模店舗は5%、大規模店舗は2%と店舗ごとの税金割引率に差が設けられている。

そのため、売り上げを奪われたくない各小売店は自腹で割引キャンペーンを開催し10月に備えている。また、キャッシュレスを提供する決済事業者も、今回のキャッシュレス推進を機に少しでもシェアを獲得するため、自腹の割引キャンペーンを開催している。

トータルの還元率を計算する上で、「税金割引率」に「キャッシュレス事業者キャンペーン」を加え、さらに「小売店の独自キャンペーン」という、ポイント還元の3層パフェ状態を解読しなければならない。もちろんポイント還元の上級者になることをお勧めするが、まずは制度対象店舗を示す次のロゴがある店で、現金以外による決済を行う事が重要なポイントだ。

利用する店舗がどの決済手段に対応しているかチェック

還元率ばかりに目がいきがちだが、自分が実際に利用する店舗で使えなければ元も子もない。まずは、自分が頻繁に利用する店舗が対応している決済手段の把握が必要だ。複数の決済手段が使えることが分かったら、次はどの決済手段を選べばいいかを考えよう。

キャッシュレス手段を用意

税金の割引率は全国で一律のため、一番お得なキャッシュレス決済を選ぶコツは、ずばりその事業者が自腹のキャンペーンを多く行っているかどうかになる。今現在、すでに主流となっているクレジットカードや電子マネーは十分なシェアを持っているため、事業者独自の自腹のキャンペーン開催は比較的少ない傾向にある。

一方で戦国状態にあるスマートフォンアプリ上のキャッシュレス決済事業者は、将来のシェア獲得のため身を削って自腹キャンペーンを開催している。何か一つ選ぶとしたら、LINE Pay、PayPay、楽天のR Pay、メルペイ、Origami Payなど、普及を目指すQRコード決済型の〇〇ペイを選ぶとポイント還元率が高い傾向にある。

ポイント還元上級者への道

キャッシュレス決済をいくつか用意した後、ポイント還元の上級者へなるためには、良く使う小売店が行っているキャンペーンを比較する必要がある。スーパーマーケット一つをとっても、様々な独自キャンペーンを開催している場合もあるだろう。また、コンビニとスーパーではそもそも商品価格も違うため入念な比較が必要だ。

ちなみに全国の小売店の還元状況をまとめた便利なサイトは今のところ見当たらない。なぜなら、経済産業省ですら登録小売店を開始日までに全公開できないくらい、店舗情報量が膨大だからだ。まずは自分が頻繁に利用する店舗のキャッシュレス事情を把握することが、9か月間トータルで多くのポイント還元を受けるための近道となる。

Close Menu