CAMPFIRE、クラウドファンディングを通じた新型コロナウィルスサポートプログラムを発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

株式会社CAMPFIREは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い大きな影響(収益の損失や経営・生産に支障をきたしているなど)を受けた、アーティスト、イベント事業者、飲食店舗、宿泊施設などの個人・中小事業者を対象に、クラウドファンディングを通じたサポートプログラムを開始すると発表した。

サポートプログラムの適用となったプロジェクトは、支援金振込時に掛かるサービス手数料が通常の12%から0%となり、決済手数料5%のみでプロジェクトを実施できる。ただし、プログラム適用にあたっては別途審査が行なわれるとのこと。

サポートプログラムの条件や適用資格などについては、下記のようになっている。

【プログラムの適用条件・内容】
2020年3月31日(火)AM11:59:59までにフォームからエントリーし、2020年4月24日(金)AM11:59:59までにプロジェクトページ作成後の初回申請を行い、2020年6月30日(火)までに公開したAll inおよびAll or Nothing方式のプロジェクトが対象。
対象となったプロジェクトは、集まった支援金額から差し引かれるCAMPFIRE手数料12%が0%となり、決済手数料5%のみでプロジェクトが実施可能。

【適用資格】
■新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、イベント中止・自粛を発表したアーティストやイベント事業者、飲食店舗、宿泊施設などをはじめ経営・生産に大幅な支障をきたした事業者であること(※第三者による応援プロジェクトは現時点で対象外)
■会場キャンセル料などの実損、また、停止となった事業活動によって予定されていた収益の損失などが発生していること
■上記が客観的に証明できる情報(書類orURL)の提出(イベントの場合はキャンセルとなった旨を客観的に示す情報、イベント以外は新型コロナウイルスの影響で損害が生じたことを証明できる情報を提供すること)
■プロジェクト内容が公序良俗に反しないこと

【対象サービス】
CAMPFIRE、GoodMorning、3rdTable、CLOSS 
(FAAVO、BOOSTER、machi-ya、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Community、polca、CAMPFIRE Creation、海外事業者様の一部プロジェクトは本プログラムは適用対象外)

株式会社CAMPFIREは、プレスリリースを通じて下記のようにコメントしている。

今後も新型コロナウイルス感染症拡大に伴い不安定な環境に置かれている事業者をはじめとした多くの方に向け、クラウドファンディングを通じた最適な支援方法を検討・実行してまいります。

参考:PRTimes

関連ワード:新型コロナウイルス
Close Menu