ドイツ2位のシュトゥットガルト取引所にてビットコイン売買に加えショートも可能に

ドイツ第2位の規模を誇るシュツットガルト証券取引所(Borse Stuttgart)が、ビットコインの空売りを可能とするETP(Exchange Traded Products/上場投資商品)である21Shares Short Bitcoin ETP(SBTC)の取り扱いを開始した。

昨年夏、シュトゥットガルト取引所(Borse Stuttgart)はドイツの証券取引所として初めてドイツ銀行法の規制要件に準拠した仮想通貨取引所を開設しており、機関投資家だけでなくスマホアプリ「BISON」を通じて個人投資家にもビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル(XRP)の売買を提供している。

主要通貨の売買に加え、ショートも可能に

今回取り扱いを開始した21Shares Short Bitcoin ETP(SBTC)は、仮想通貨のETPを専門に取り扱う21Shares(Amun AG)が提供しており、ビットコインのショートを簡単に行えるETPとなっている。

シュトゥットガルト取引所(Borse Stuttgart)は主要仮想通貨の売買に加え、価格下落時にも投資可能とする金融商品をラインナップに加えることで、投資手法の幅を持たせる目的があると予想される。

21Shares(Amun AG)が提供する仮想通貨ETPは、ビットコインを始めバイナンスコインやTezosなどすでに10種類提供されており、スイス最大のスイス証券取引所(SIX)にて取り扱われている。

参考:Boerse Stuttgart Lists the First Short Bitcoin (SBTC) Tracking Exchange Traded Product from 21Shares

Close Menu