ビットコイン開発大手のブロックストリーム社が証券型トークン発行プラットフォームを発表

米最大のブロックチェーンイベント「コンセンサス(Consensus) 2019」にて、ビットコインの開発で有名なブロックストリーム(Blockstream)社が、セキュリティートークンを簡単に発行できる企業向けのリキッドセキュリティープラットフォーム(Liquid Securities Platform)の発表を行った。

発行されるのはブロックストリーム社が独自開発しているビットコインのサイドチェーンネットワークである「Liquid Network」上にて発行される。

通常セキュリティ(証券型)トークンを発行する場合は、様々なルール設定が必要なため一定の専門知識が必要であり、また発行までに時間がかかる問題があった。今回発表されたプラットフォームでは、それらの設定時間や発行手順を大幅に短縮でき簡単なボタン操作で発行できるとしている。

また、発行されたトークンはシンプルなWebインターフェイスを通じて管理し、発行されたトークンの使用状況を監視できる。

Liquid Networkとは
Liquid Networkは、ビットコイン上に構築されたサイドチェーンネットワークのこと。ビットコインのメインチェーンでやりとりを行わないことにより、高速トランザクションや、匿名性、独自のトークン発行などを実現している。Liquid NetworkではBTCにペッグしたL-BTCの発行は、法定通貨にペッグしたステーブルコインの発行なども発表されている。

様々な証券に合わせて柔軟なルール作り

証券型のトークンに関しては各国の規制状況が異なる現状がある。そのためリキッドセキュリティープラットフォームでは、トークン単位でコントロールパネルを利用して簡単に個別設定ができる柔軟性を用意している。

また、「Liquid Network」を利用してセキュリティートークンを発行したい利用者のために、フル機能のAPIも提供するとしている。

今回の開発パートナーの一つ、オンライン投資サービスBnkToTheFutureのCEO、Simon Dixon氏は以下のようにコメントを寄せている。

BnkToTheFuture CEO、Simon Dixon氏
これは全く新しい分野です。これまでセキュリティトークンを発行するためには、一定の開発作業が必要でした。このリキッドセキュリティープラットフォームでは、ユーザーがすぐに利用できるように必要なすべてを用意しており、トークンを迅速に市場投入できます。

またLiquid Networkが、ビットコイン開発業界でも最も成熟したチームによって構築されているという事実も、このプラットフォーム普及へ大きく役立つでしょう。

Blockstream社とは

Blockstream社はビットコインのコンセンサスアルゴリズムPoof of Workで採用されているHashcashを考案したアダム・バック氏が設立したブロックチェーン開発企業。ビットコインの生みの親サトシナカモトの論文でもアダム・バック氏とHashcashのことが記述されている。

このことからBlockstream社にはビットコイン自体の開発を支えるチーム「BitcoinCore」の主要開発者も多く所属し、ブロックチェーンに関する様々な技術を研究・開発している。特にビットコインの送金時間を短縮する金融機関向けのサイドチェーン製品Liquidや、ライトニング・ネットワーク自体の開発、そしてインターネットが使えない場所でも送金できる衛星技術の開発が有名。

参考:Blockstream / The New Liquid Securities Platform

Close Menu