中国、ブロックチェーンで慈善事業にメス!

ブロックチェーンNEWS斬り

ブロックチェーンに関するニュースが日々数多く世界を駆け巡っています。そんな数あるブロックチェーンニュースの中から厳選した記事について独自の視点で斬り込む「ブロックチェーンNEWS斬り」。ナビゲーターはこの二人。

こんにちは~。先日、横浜中華街で食べ歩きしてきました
“ブロックチェーンおじさん”のミトミツです。
今年の十五夜は9月24日です。
仕事きっちり“トークンレディー”のミトミザワです。

本日取り上げたブロックチェーンNEWSはこちらです。

中国政府、慈善事業の透明性高めるためブロックチェーン導入を計画

中国の民政部は10日、慈善事業の改革のためブロックチェーンの導入を計画していると発表した。…

前回に引き続き中国のお話ですね。
中国の民政部は、2022年までの4カ年計画の中で慈善事業への寄付金の追跡やマネジメントの透明性を担保するためブロックチェーン技術の導入を検討しているとのことです。
確かに慈善事業や募金などその用途については実際どうなっているのかわからないですからね。そこにブロックチェーン技術を導入することで、資金用途の見える化を図るというわけですか。
何に使われるかわからないため寄付や募金をしないという人も多いはずですから、そこがクリアになることで今後寄付する人が増えていくかもしれません。これは寄付を募る慈善事業側にとっても良いことのように思います。
それにしても、中国政府は何でもかんでも監視したがりますね。私には見える。中国の人々が少しずつブロックチェーンという名の鎖でがんじがらめにされていく姿が・・・。
毎回その“ブロックチェーンという名の鎖”ネタ出してくるのやめていただけますか。
ズバリ!
中国が21世紀の鎖国国家となる日は近いでしょう!!
ちょっ(汗)、怒られますよ。誰か!このおじさんを鎖で縛り付けておいてください!ネビュラストリーム!
は、離してくれ!いいことを思いついたんだ!
期待はしていませんが、最後に聞いておきましょう。
日本の政治にブロックチェーンを導入して不透明な税金や政治資金の用途を明らかにするのです!そうすればクリーンな政治の実現も決して夢ではありません!(キリッ
珍しく割とまともな意見ですね。
男ミトミツ、ブロックチェーン政治家として次の選挙立候補します!
いい加減にしてください。もうやめさせてもらいます。「ブロックチェーンNEWS斬り」次回、“ブロックチェーンおじさん政界進出?”でお会いしましょう。
Close Menu