「ブロックチェーンを削除せよ」SECがETFファンドに通告。その真意は!?

ブロックチェーンに関するニュースが日々数多く世界を駆け巡っています。そんな数あるブロックチェーンニュースの中から厳選した記事について独自の視点で斬り込む「ブロックチェーンNEWS斬り」。ナビゲーターはこの二人。

MT:「ノートルダム大聖堂の変わり果てた姿に朝から涙した。“ブロックチェーンおじさん”ことミトミツ(MT)です。」
MZ:「ノートルダム大聖堂の一日も早い復興を願います。仕事きっちり“トークンレディー”のミトミザワ(MZ)です。」

本日取り上げたブロックチェーンNEWSはこちら。

「ブロックチェーンの削除を」SEC、2つのETFファンドに名前変更を求める

米国証券取引委員会(SEC)は、米国の投資ファンド、アンプリファイとリアリティ・シェアーズが手がけるETF(上場投資信託)の名前から「ブロックチェーン」を消すように求めた。12日付のブルームバーグが報じた。….

MT:「ETFの名称からブロックチェーンを消せとは、SECも結構細かいところまでチェックしてきますね~。」
MZ:「ETFファンドの発行者は、投資者を騙すような名前をつけてはいけない、少なくとも80%の資産が名前の描写と一致しないといけない、という決まりがあるようです。」
MT:「ブロックチェーンを謳っているものの、実態はブロックチェーンとは程遠く、ブロックチェーンという名前だけで投資者の気を引こうという魂胆が見え見えだったのでしょう。まったくけしからんですな。」
MZ:「日本でも社名に新元号「令和」を使った企業が出てきてますし、何かと流行りに乗ろうというその姿勢はあまり好感持てませんよね。」
MT:「今回のSECの通告は、業界の健全化へ向けたSECの断固とした決意の表れではないでしょうか。投資者保護のためにも、こういった怪しいものはどんどん取り締まっていっていただきたいものですな。ハッハハ・・」
MZ:「どうされました?顔色が悪いですよ。」
MT:「実は先日、私のところにもSECから通達が届いたとです。ブロックチェーンおじさんの愛称から「ブロックチェーン」を消せ、と。」
MZ:「つまり、「ブロックチェーンおじさん」になります。」
MT:「ノートルダム大聖堂の変わり果てた姿に朝から涙した。“おじさん”ことミトミツ(MT)です。」
MT:「嫌だー!こんな自己紹介嫌だぁ!ようやく世間にも認知されてきたところだと言うのに。」
MZ:「大丈夫です。それほど浸透していません。」
MT:「投資者を騙そうなんて気は毛頭ありません!私はブロックチェーンを一般の人々にも身近なものにしていきたいと純粋にただそれだけを思いここまでやってきたのです!今回だけは見逃してください!何でもしますから。」
MZ:「往生際が悪いです。決定したことです。」
MT:「私は無実だー!」
MZ:「諦めてください。話は署で聞きます。『ブロックチェーンNEWS斬り』次回、“追悼ブロックチェーンおじさん” でお会いしましょう。」

 

Close Menu