「BLOCK CO+ Tokyo 2018」レポート

blockco+tokyo2018

ブロックチェーン技術の発展普及を目指すアジア最大級のカンファレンス「BLOCK CO+ Tokyo 2018」が6月29日ヒルトン東京お台場で開催された。

ブロックチェーンと技術、社会、ビジネス、そして未来といった様々な切り口でブロックチェーンに関わる研究者や開発者、有識者による講演がおこなわれた。また会場にはICO企業の出展ブースやVR体験コーナーも設定されるなど見て聞いて体験して楽しむコンテンツも用意されていた。

今回は記者が特に興味を抱いた三つの講演についてレポートする。

1. 地域でつかえる、みんなで支える。互助通貨「COMコイン」。

一つめは、プログラミングやデザインが学べる、発達障害者向け就労移行支援を行うGIFTED AGENT代表取締役の河崎 純真氏による、「地域でつかえる、みんなで支える。互助通貨『COMコイン』。」

河崎 純真氏の講演

南富良野町と加賀市、二つの地方プロジェクト

河崎氏からはまず自身がてがけた二つの地方プロジェクトの事例が紹介された。ひとつは、北海道の南富良野町でおこなった新しい働き方を探そうというプロジェクト。廃校を2週間貸し切って70人くらいが実際にそこに住んで小さな経済圏を創るという取り組みをおこなった。独自のコインと決済アプリ、誰がいつどこで使ってどういう風に流通されたかというのを可視化できる仕組みを作った。こうすることで従来見ることのできなかった地域支援が可視化されるという。

もうひとつは石川県の加賀市で地域通貨を作ろうというプロジェクト。加賀市は日本の自治体で初めてブロックチェーン都市宣言を出した都市で、ブロックチェーンを使った行政を行っていこうとしており、河崎氏はここで仕事の交換ができるアプリを作っているという。例えば、雪かきを頼みたいおじいちゃんを手伝ったら、そのおじいちゃんにベビーシッターを頼めるといったもの。「野菜が余ったからあげるよ」といった形で回っていくような経済を増やしていきたいのだという。加賀市では仮想通貨を使った経済的な管理システム、効率的な行政運動への活用、最終的には地域の経済圏を活性化する仕組みを作っていこうとしている。

社会は変えられない、でも社会を創ることはできる

現在、河崎氏が取り組んでいるのが「COMMONS OS」という電子政府システムの制作。すなわちブロックチェーンを使って国を管理する仕組みを作っているのだという。すべてのソリューションを独自に作るのではなく、基盤だけを作って、そこに個人認証や保険など様々なブロックチェーンサービスを連携させていくそうだ。

今の社会システムには限界がある。」そう河崎氏は語る。金融や社会、政治の仕組みには限界が来ている。一方でブロックチェーンには、新しい経済のあり方や新しい信用のあり方を創出できていて、今の社会システムを根本的にひっくり返すような可能性がある。福祉の現場や地方創生の現場に行くと、社会を変えることは無理だと痛感。今の社会制度を変えることは不可能だと感じたのだという。

しかしこのままでは今の社会制度はいつか限界を迎える。ではどうしたらよいのか?そう考えたとき、“社会は変えられないけど、社会を創ることはできる”という結論に至った。今の社会制度をどうにかするのではなくて、全く新しい社会を作ってしまえばいい。しかもそうした社会を誰でも作れるようにしたい、という発想から河崎氏は「COMMONS OS」を立ち上げたのだと述べた。

無数の小さな経済圏をつくる

また河崎氏は「COMコイン」という通貨を作って、新しい社会保障を自分たちで創っていく活動をおこなっている。衣食住だけでなく教育や代替医療、今の社会システムでは巻き取れない部分を自分たちで新しいレイヤーとして創っていきたい。さらにそれを1個ではなく100個創っていきたい。誰でも自分たちの理想とする新しい経済圏を作れるという仕組みを創りたいのだという。

先の二つの地方プロジェクト事例しかり、現在取り組んでいる「COMMONS OS」しかり、河崎氏の活動の根幹には、新しい社会の仕組みを自分たちで作っていきたいという確固たる想いがある。ブロックチェーン技術は社会にどう活かされ、どんな新しい社会が創り上げられていくのか。河崎氏が描く未来のブロックチェーン社会は目に見えるすぐそこにまで来ているのかもしれない。

最後に河崎氏は、「COMコイン興味ある方は声をかけてください。プレゼントします!エアドロップです!タダです!」と愛嬌たっぷりに述べ、会場を後にした。

2. ブロックチェーンプラットフォーム NEO

次に気になった講演は、NEOジャパン代表の葉山 ミキ氏による「ブロックチェーンプラットフォーム NEO」。

Ethereumの中国版と語られることも多い中国初のプラットフォームであるNEO。開発のしやすさや、Ethereumにはないサイドチェーンの特徴など技術的な高さにはすでに定評があるプラットフォームだ。

今回のイベントでNEOが紹介したのは以下の二つのプロジェクト。

(1)imusify
先日からICOプレセールが始まったばかりでこのFINTIDEにも登場した、現状の音楽業界のすべてを変える可能性を秘めたプロジェクトだ。楽曲リリース、ユーザー購入、音楽鑑賞、報酬がアーティストに入るまでの仕組みを仮想通貨を使って実現しようとしている。

開発の中心メンバーは音楽家で音楽リリースから報酬が振り込まれるまで約2年もかかってしまう現状に嘆いている様子。昨年プロジェクト発表し、今月2018年7月にICOプレセールが始まったばかり。既存の音楽業界には力のある非常に大きな会社が多く、こういったテクノロジーアイディアはどのように大きな壁に挑むのだろうか。

(2)Swicheo
分散型取引所といえば、やはりEthereumのERC20を使ったDEXを思い浮かべる人も多いが、こちらはNEOプラットフォーム発の分散型取引所DEXプロジェクトだ。

その特徴はQtum系QRC20、Ethereum系のERC20トークンを取り扱い可能にしようとしている点。さらにDEXは、処理能力としても非常に高いパフォーマンスを発揮するとのことでNEO中心のユーザーだけではなく仮想通貨全体として注目されているという。

3. 世界標準になるかもしれない電子マネー給与

最後は、ドレミングホールディングCEOの高崎 義一氏による「ブロックチェーンを使った『世界標準になるかもしれない電子マネー給与』とは・・」。

冒頭に「以前は板前をやっていました」との異色経歴の告白から始まった高崎氏の事業説明。その内容は、今回仮想通貨中心の講演の中で、他のスタートアップとは一線を画すものであった。

世界中のフィンテック企業が集まる金融の中心地ロンドンの「レベル39」に拠点を構え、すでにフィンテック企業としては非常に有名だが、日本では給与振り込みは一般的に銀行振り込みということでその名を知らない人も多いのではないだろうか。

世界中で銀行口座を持っていない人の割合は3分の1、25億人にも及ぶそうで、その労働者への経済システムを勤怠管理システムと独自の支払い方法によって広めていくという。

キャッシュレス化が叫ばれている昨今、蓋を開けてみれば口座を持たない途上国の25億人から広まっていき、その波が日本にやってくるのは案外最後の方なのかもしれない。

【番外編】ヒップホップ界からZEEBRA、アニメ界の巨匠松本零士が登壇

有名人枠としてゲスト講演していたのはヒップホップユニットキングギドラのラッパー出身で現在も多方面で活躍するZEEBRA氏。なぜZEEBRA氏がブロックチェーンイベントに?という感があるが、デビューから20年間音楽シーンで活動してきたZEEBRA氏ならではの、様変わりした音楽テクノロジーの移ろいについて自らの体験を交え語ってくれた。もちろん自身が率いるレーベル、そして時代がついてきたネットラジオ「WREP」のレペゼンも忘れていなかった。

そしてトリを飾ったのはご存知アニメ界の巨匠「松本零士」氏。仮想通貨やブロックチェーン技術に関する話題はあまりなかったものの、全盛期の破天荒なエピソードや漫画誕生秘話を語ってくれた。またアニメ版権管理プロジェクト「Trinity」に参画しているとの発表もあったので、こちらの情報については詳細が分かり次第FINTIDEでも紹介していく。

—————————
◆開催概要◆
名称: Block Co+ Tokyo2018 -Advance the future of Blockchain-
日時: 2018年6月29日(金)10:00〜18:00 本イベント/18:00〜20:00 懇親会
会場: ヒルトン東京お台場
テーマ: ブロックチェーンの未来を担う企業様による可能性の体感
内容: カンファレンス・セミナー、及び出展社ブース
主催: 株式会社Block Co+

Close Menu