仮想通貨取引所ビットトレックス(BITTREX)が行うIEO第4弾Standard Tokenization Protocolは6月11日14時から販売開始

米仮想通貨取引所ビットトレックス(BITTREX)が、トークンの代理販売を行うイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)の第4弾Standard Tokenization Protocolを正式発表した。

Standard Tokenization Protocolとは

第4弾のプロジェクトStandard Tokenization Protocolは、あらゆる資産をセキュリティ(証券型)トークンに置き換えることを目指したプラットフォームで、セキュリティトークンの発行や移転などに関する法規制に準拠しながら定義されるオープンソースプロジェクトだ。

特に、配当権機能の付加、資産の部分的所有、分割することで流動性向上、第三者を介さない個人間取引などの特徴を持っている。また、これまで行われてこなかった資産をトークン化することで、それが金融資産として新たにローン担保などに利用できるなどのユースケースを提案している。

Standard Tokenization Protocolトークン販売概要

 開始時間:6月11日14時(UTC)
 終了時間:6月12日14時(UTC) ※販売数に達した場合はその時点で終了
 Bittrex販売量:75,000,000 STPT
 総発行数:2,000,000,000 STPT
 初期循環数:109,620,000 STPT
 販売価格:0.01 USD 相当のBTC価格(直前24時間以内にBTC価格は決定)
 一人当たり最低購入数:10 USD 相当
 一人当たり最大購入数:25,000 USD 相当
 目標調達額:~750,000 USD
 受け入れ通貨:BTC
 トークンタイプ:ERC-20
 トークン配布:IEOの販売終了後24時間以内
 Bittrex上場:IEOの販売終了後24時間以内

参考:Bittrex International / Initial Exchange Offering: Standard Tokenization Protocol
参考:Standard Tokenization Protocol公式ページ https://stp.network/

Close Menu