ハッキングのビットポイントが仮想通貨受金(預入)を再開|顧客資産は100%コールドウォレット管理へ

ハッキング被害を受けた国内の仮想通貨取引所ビットポイント(BITPoint)は、12月10日から仮想通貨受金(預入)サービスを再開すると発表した。

2019年7月11日に発生したハッキング被害により、サービスを順次再開してきたが、今回の預け入れサービスを再開したことで、既存のユーザー向けの全サービスを再開したことになる。

発表されたプレスリリースによると、顧客資産のすべてをコールドウォレット管理することや、マルチシグニチャーの導入などによりセキュリティ強化などが施されている。

ビットポイントのサービス再開経緯

 2019年8月6日14時
  法定通貨の入出金サービス

 2019年8月9日
  店頭仮想通貨証拠金取引サービス(レバレッジ取引サービス及びMT4取引サービス)

 2019年8月13日
  仮想通貨現物の売買取引サービス

 2019年9月30日
  仮想通貨の送付サービス

 2019年12月10日
  仮想通貨の受金(預入)サービス

 スケジュール未定
  新規口座開設申込を含む上記以外の全サービス

参考:仮想通貨受金(預入)サービス再開に関するお知らせ

Close Menu