仮想通貨取引所ビットポイント(BIT Point)でハッキング|被害額は35億円

国内の仮想通貨取引所であるビットポイント(BIT Point)にて約35億円のハッキング被害が発生した。現在までに判明している概要を公式サイトが発表した。

昨日、11日の22時にエラーを検知しており、まずリップルの流出が発覚、その後調査した結果他の通貨でも流出が確認された。現在まだ調査中だがハッキングを受けた通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5通貨で被害総額は約35億円としている。

被害にあった仮想通貨の内訳は、ユーザー資産が25億円、ビットポイント保有分が10億円と報告され、ユーザー資産についてはビットポイントで補償するなど責任を持って対応するとしている。

経緯

 2019年7月11日22時12分頃
   リップルに関するエラー検知

 2019年7月11日22時39分頃
   リップル流出を確認

 2019年7月12日2時00分頃
   リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認

 2019年7月12日6時30分頃
   仮想通貨の送受金を停止

 2019年7月12日10時30分頃
   ビットポイントの全サービスを停止

ビットポイントは2018年6月、関東財務局から管理体制の不備を理由とした業務改善命令を受けたが、2019年6月22日に行政処分が解除されたばかりだった。

参考:仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)

Close Menu