Bithumbが新規の実名口座開設を停止、8月1日から

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P

韓国の大手4社の仮想通貨取引所の1つであるBithumbは、8月1日から、新規での実名口座開設を一時停止することが分かった
既に口座を開設している利用者への影響はないとされる。

一時停止へと至った経緯は、韓国のKYC規制に対応するために口座開設時に銀行口座の提出も義務付けられているが、Shinhan銀行との契約を更新せず、NH Nonghyup銀行との契約を「Bithumbは依然として消費者と情報の保護、マネーロンダリング対策に問題があるため、契約を更新しないことにした」と、断られ提携に失敗したためと説明されている。

今回のことにより、韓国大手4社の仮想通貨取引所の中でBithumb1社のみ銀行との提携が更新できていない状態に陥っている。
(※Bithumb、coinone、KORBIT、UPbit の4社)

Bithumbは2018年6月にハッキング被害により19億円を損失させ、その後より今現在まで全ての入出金を引き続き停止(取引は可能)している。

Close Menu