仮想通貨カストディの大手ビットゴー(BitGo)がDashとAlgorandのステーキングサービス開始

機関投資家向けにカストディ(保管・管理)業務を広く提供しているBitGoが、Dash(DASH)とAlgorand (ALGO)のステーキングサービスを開始したこと発表した。

ステーキングサービスとはプルーフオブステークを採用している仮想通貨を対象にしたサービスで、ネットワークノードを立て顧客から預かった仮想通貨に応じた報酬を得て、ユーザーにその報酬を分配するサービスのことだ。

仮想通貨カストディのBitGoは、コインベースに買収されたXapoとも争うカストディの大手で保管する資産価値も大きい。今回のプレスリリースでは、今後ステーキングサービスに対応する通貨を増やしていくと発表した。

ステーキングソリューションのHedge社を買収

今回のBitGoのステーキングサービスは、自動で報酬を分配するステーキングソリューションを開発しているHedge社を買収することで実現した。スタートアップのHedge社は安全で拡張可能なステーキング専用のインフラ基盤を構築しており、このシステムによりBitGoユーザーはBitGoステーキングの他、第三者のステーキング提供者の選択肢も与えられている。

BitGoは、来年イーサリアムがプルーフオブステークに移行することも見据えステーキングサービスに着手しており、今後も投資家からの需要が増えると予想している。BitGoのCTOであるBen Chan氏は以下のように述べている。

BitGo CTO、Ben Chan氏
優れたカストディアンになるためには、カストディ管理化で資産を有効活用する方法を提供する必要があります。ステーキングは、お客様の資産を管理外に移動することなく、収益機会を提供します。

ヘッジ社の買収は、当社の開発プラットフォーム内にあるブロックチェーン技術とステーキングの専門知識に基づいており、この買収により自動化されたステーキングサービスを提供します。

参考:BitGo Staking Launches with Dash and Algorand

Close Menu